Coinbaseのロゴ
ログイン

Polygon(MATIC)とは何ですか?

Definition

Polygon(ポリゴン)は、Ethereumのブロックチェーンと一緒に動作する「レイヤー2」または「サイドチェーン」のスケーリングソリューションで、スピーディーな取引と低い手数料を可能にします。MATICはこのネットワークのネイティブな暗号資産で、手数料やステーキングなどに使用されます。

Ethereumのブロックチェーンは、NFTマーケットやゲームから急拡大するDeFi のecosystemまで、幅広い経済活動の拠点となっています。Ethereumは、膨大なアプリケーションを構築するために使用できるスマートコントラクトと互換性があるため、この活動に適しています。

しかし、これらのアプリケーションの人気が高まるにつれ、Ethereumのブロックチェーンに多くの取引が追加され、その結果、取引手数料(「ガス」とも呼ばれる)が上昇し、少額からまたは頻度を高く投資することでコストが高額になる場合があります。

Polygonは、「レイヤー2」のスケーリングソリューション(またはサイドチェーン)であり、より速いトランザクションと低いコストを提供するために登場したものです。これは、メインのEthereumブロックチェーンと並行して動作する高速なパラレルブロックチェーンとして機能します。手持ちの暗号資産の一部をPolygonに「ブリッジ」することで、かつてはメインのEthereumブロックチェーンに独占されていた、人気の暗号資産アプリを幅広く利用することができるようになります。

MATICとは?

PolygonにはMATICという独自の暗号資産があり、Polygonネットワークでの手数料の支払いやステーキング、ガバナンス(MATIC保有者はPolygonの変更について投票できるようになるということ)に使用されています。

MATICという名前は、Polygonの開発の初期段階に由来しています。2017年10月にMatic Networkとしてスタートした後、開発者は2021年の早い時期にPolygonとしてリブランディングを行いました。 

MATICの現在の価格は?

MATICの価格を確認する

​​Polygonの仕組み

Polygonは、地下鉄の特急列車のようなもので、通常の列車と同じルートを進みますが、停車駅が少ないため、より速く移動することができます。(この例では、メインのEthereumブロックチェーンがローカル列車です。)Polygonは、この高速なパラレルブロックチェーンを作成し、メインのEthereumブロックチェーンにリンクするために、様々な技術を使用しています。

新しいMATICを作成し、ネットワークを保護するために、Polygonはプルーフ・オブ・ステークというコンセンサス・メカニズムを使用しています。

  • バリデーターは、新しい取引を検証し、ブロックチェーンに追加するという力仕事をしています。その代わり、手数料や新しく作成されたMATICの一部を受け取ることができます。バリデーターになるには、フルタイムのノード(またはコンピュータ)を稼働させ、自分のMATICをステークする必要があります。もしがエラーを起こしたり、悪意を持って行動した場合(あるいはインターネット接続に不具合があった場合も)、ステークしたMATICの一部を失う可能性があります。

  • デリゲーターは、信頼できるバリデータを介して間接的にMATICをステークします。これは、より低コミットなステーキングです。しかし、もしあなたが選んだバリデーターが悪意ある行動をとったり、誤りを犯したりすれば、あなたはステークしたMATICの一部または全てを失う可能性があります。そのため、事前に入念なリサーチすることが重要です。

Polygonネットワークの活用方法

Polygonネットワークでは、Ethereumネットワークで可能なことと、同じ多くのことを実行することができますが、殆どの場合手数料は数分の1セント程度です。QuikSwapやSushiSwapのような分散型取引所(DEX)、Aaveのような利回り生成型のレンディング・プロトコル、OpenSeaのようなNFT市場、さらにはPooltogetherのような「損をしない賞金ゲーム」などを試すことができるのです。

Polygonネットワークを試すには、互換性のある暗号資産ウォレットにいくつか暗号資産を送る必要があります。その後、あなたの暗号資産の一部をPolygonネットワークに「ブリッジ」することができます 。(ステーブルコインが使われることが多い)また、取引を行うには、MATICをブリッジする必要がありますが、手数料が非常に低いため、1ドル程でも十分です。

Polygonのネットワークは、手数料が安く、ほぼ瞬時に取引が行われるため、DeFiのプロトコルを実際に試してみるには最適な方法です。(DeFiは非常にボラティリティが高いので、特に初心者のうちは、小さく始めて、損をしない程度に投資することをお勧めします。)