時価総額とは何ですか?

積み上げられた暗号資産コインの重さを測る秤

定義

ビットコインのような暗号資産の場合、時価総額とはマイニングされたすべてのコインの総額です。それは流通しているコインの枚数に、コイン1枚あたりの現在の市場価格を掛けて計算されます。

時価総額とは、ある企業のすべての株式のドルベースの合計金額です。一方、ビットコインまたは別の暗号資産の場合は、マイニングされたすべてのコインの合計金額です。暗号資産の場合、時価総額はマイニングされたコインの総枚数に、ある時点でのコイン1枚あたりの価格を掛けて計算されます。

時価総額を、その資産がどれだけ安定しているかを示す大まかな基準として見るのも1つの考え方です。(暗号資産で時価総額最大のビットコインでさえ、ボラティリティがあることに注意することが重要です。)しかし、大きな船の方が悪天候で安全に航行できるのと同様に、時価総額がより大きな暗号資産は、時価総額が小さな暗号資産よりも安定した投資対象となる可能性が高くなります。逆に、時価総額が小さい暗号資産は市場の影響を受けやすく、大幅な利益を得ることもあれば、大きな損失を被ることもあります。  

補足:「流通供給量」の時価総額または「完全希薄化後の供給量」の時価総額について言及される場合があります。ビットコインの場合、この2つの数値は、すでにマイニングされた1,850万枚(「流通供給量」)または最終的にマイニングされる2,100万枚(「完全希薄化後の供給量」)を使うことができます。それぞれの方法論に応じて現在流通中の供給量で時価総額を測定する人もいれば、完全希薄化後の供給量を使用しようとする人もいます。

なぜ時価総額が重要なのですか?

価格は、暗号資産の価値を測る1つの方法にすぎません。投資家たちは時価総額を使用してより完全なストーリーを語り、暗号資産間で価値を比較します。重要な統計値としての時価総額は、ある暗号資産の成長の可能性や、購入しても安全かどうかを他の資産と比較して示すことができます。

実証するために、2つの架空の暗号資産の時価総額を比較してみましょう。 

  • 暗号資産Aは40万枚のコインが流通しており、コイン1枚あたりが1ドルの価値をもつ場合、その時価総額は40万ドルとなります。 

  • 暗号資産Bは10万枚のコインが流通しており、コイン1枚あたりが2ドルの価値をもつ場合、その時価総額は20万ドルとなります。

  • コイン1枚あたりの価格は暗号資産Bが暗号資産Aよりも高いにもかかわらず、暗号資産Aの全体的な価値は暗号資産Bの2倍になります。 

しかしながら、多くの暗号資産の時価総額は、そのボラティリティによって大きく変動することにも注意が必要です。

時価総額を使って何ができますか?

時価総額を使用すると、ある暗号資産の総額を別の暗号資産の総額と比較できるため、さらに多くの情報に基づいて投資判断を行うことができます。暗号資産は、時価総額によって次の3つのカテゴリーに分類されます。

  • 大型暗号資産、例えばビットコインやイーサリアムなどは、時価総額が100億ドルを超えています。投資家はこれらを低リスクの投資対象と考えるのは、成長の実績があり、多くの場合流動性が高いからです。つまり、多くの人が売却しても価格に大きな影響を与えないからです。

  • 中型暗号資産は、時価総額が10億ドルから100億ドルの間に位置し、一般に潜在的な価格上昇が見込める可能性が高いが、リスクも高いと考えられています。 

  • 小型暗号資産は、時価総額が10億ドル未満で、市場センチメントに基づく劇的な変動の影響を最も受けやすくなります。 

時価総額は暗号資産の総額を比較するためには便利な指標ですが、投資のリスクを比較検討する際には、市場動向や暗号資産の安定性、ご自身の財務状況をすべて考慮する必要があります。

わずか数分でビットコインを購入

最低購入価格は$25から。銀行口座やデビットカードで支払えます。