Coinbaseのロゴ
ログイン

ウォレットの設定方法

ウォレットは、デジタル資産を安全に保管できる場所です。ウォレットにはさまざまな種類がありますが、最も人気があるのは、ホスト型ウォレット、自己管理ウォレット、ハードウェアウォレットです。 

どれがあなたに適しているかは、デジタル資産で何をしたいか、また、どのようなセーフティネットを持ちたいかによって異なります。

ホスト型ウォレット

ウォレットで最も人気があり、設定が簡単なのは、ホスト型ウォレットです。Coinbase などのアプリを使用してデジタル資産を購入すると、デジタル資産は自動的にホスト型ウォレットに収納されます。ホスト型と呼ばれるのは、サードパーティーがあなたのデジタル資産を保管するためです。これは銀行があなたのお金を当座預金や普通預金の口座に保管する場合と似ています。「鍵をなくした」とか「USBウォレットをなくした」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、ホスト型ウォレットを使えば、そのような心配をする必要はありません。

デジタル資産をホスト型ウォレットに保管する主な利点は、パスワードを忘れてもデジタル資産を失うことがないことです。ホスト型ウォレットの欠点は、デジタル資産が提供するすべての機能にアクセスできないことです。ただし、ホスト型ウォレットがさらに多くの機能をサポートし始めると、状況は変わる可能性があります。

ホスト型ウォレットの設定方法:

  1. 信頼できるプラットフォームを選択する。主に考慮すべき点は、セキュリティ、使いやすさ、政府規制や金融規制への準拠です。

  2. 口座を開設する。個人情報を入力して、安全なパスワードを選択します。セキュリティを強化するために、二段階認証(2FAとも呼ばれています)の使用も推奨されます。 

デジタル資産を購入または入庫する。ほとんどのデジタル資産プラットフォームや取引所では、銀行口座またはクレジットカードを使用してデジタル資産を購入できます。デジタル資産をすでに所有している場合は、安全に保管するために、新しいホスト型ウォレットに入庫することもできます。

自己管理ウォレット

Coinbase Walletなどの自己管理ウォレットを使用すると、ご自身の暗号資産を完全にコントロールできます。自己管理ウォレットを使用すると、サードパーティー(または「カストディアン(委託管理者)」)に依存することなく、ご自身の暗号資産の安全を確保できます。自己管理ウォレットはあなたの暗号資産を保管するために必要なソフトウェアを提供しますが、パスワードを記憶し保護する責任は完全にあなたにあります。パスワード(「秘密鍵」または「シードフレーズ」と呼ばれることが多い)を紛失または忘れた場合、あなたの暗号資産を取り出す方法はありません。そして、他の誰かがあなたの秘密鍵を発見した場合、彼らはあなたの資産をすべて取り出すことができます。 

なぜ自己管理ウォレットを持つべきですか?暗号資産のセキュリティを完全にコントロールできことに加えて、イールドファーミング、ステーキング、貸付、借入などのようなより高度な暗号資産活動の利用も可能です。しかし、もし暗号資産の購入、売却、入出庫だけがご希望であれば、ホスト型ウォレットが最も簡単なソリューションです。

自己管理ウォレットの設定方法:

  1. ウォレットアプリをダウンロードしてみましょう。Coinbase Walletなどが人気です。

  2. 口座を開設する。ホスト型ウォレットとは異なり、自己管理ウォレットを作成するために個人情報を共有する必要はありません。メールアドレスでさえ、共有する必要はありません。

  3. 秘密鍵を必ず書き留める。秘密鍵は、ランダムな12単語のフレーズとして表示されます。秘密鍵を安全な場所に保管します。この12単語のフレーズを紛失または忘れると、ご自身の暗号資産を取り出せなくなってしまいます。

  4. 暗号資産をウォレットに入庫する。自己管理ウォレットで従来の通貨(米ドルやユーロなど)を使用して暗号資産を常に購入できるとは限らないため、他の場所から自己管理ウォレットに暗号資産を入庫する必要があります。 

Coinbase のお客様であれば、ホスト型ウォレットか自己管理ウォレットのいずれかをお選びいただけます。暗号資産を売買する Coinbase アプリは、ホスト型ウォレットです。また、スタンドアロン型の Coinbase Wallet アプリをダウンロードして、自己管理ウォレットのメリットを活用することもできます。当社のお客様の中には、両方のウォレットをお持ちの方もおられます。両方を持つことで、従来の通貨で暗号資産を簡単に購入できるだけでなく、高度な暗号資産活動に参加することもできます。いずれのウォレットの設定も無料です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBメモリーとほぼ同じサイズの物理デバイスで、デジタル資産の秘密鍵をオフラインで保存します。ハードウェアウォレットは複雑さとコストが増加するため、大半の人は使用しませんが、利点がいくつかあります。たとえば、コンピューターがハッキングされた場合でもデジタル資産の安全を確保できます。しかし、この高度なセキュリティは、ソフトウェアウォレットと比べて使用するには不便で、購入するには100ドル以上の費用がかかることがあります。 

ハードウェアウォレットの設定方法:

  1. ハードウェアを購入する。最も有名なブランドは、LedgerとTrezorの2つです。 

  2. ソフトウェアをインストールする。ブランドごとに、ウォレットの設定に必要な独自のソフトウェアがあります。その会社の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、指示に従ってウォレットを作成します。

  3. デジタル資産をウォレットに入庫する。ハードウェアウォレットでは通常、自己管理ウォレットと同様に従来の通貨(米ドルやユーロなど)を使用してデジタル資産を購入できないため、デジタル資産をウォレットに入庫する必要があります。

現金の保管方法がたくさんあるように(銀行口座、金庫、ベッドの下など)、デジタル資産の保管方法はたくさんあります。ホスト型ウォレットでシンプルに保管し、自己管理ウォレットでデジタル資産を完全にコントロールし、ハードウェアウォレットで特別な予防措置を取ったり、あるいは複数の種類のウォレットを持つこともできます。

わずか数分でビットコインを購入

最低購入価格は$25から。銀行口座やデビットカードで支払えます。