Coinbaseのロゴ
ログイン

ボラティリティとは何ですか?

ローラーコースターが頂上で停止し、坂を下ろうとしています。その近くには金融チャートとグラフがあります。

定義

ボラティリティは、暗号資産銘柄の価格が時間の経過とともに、どのくらい上昇あるいは下落したかを示す尺度です。一般的に、変動が激しい資産ほど、投資としてはリスクが高いと考えられています。また、あまり変動が激しくない資産に比べて、短期間で高いリターンをもたらすか、大きな損失を被る可能性が高まります。

ボラティリティは、ある特定の暗号資産銘柄の価格が時間の経過とともに、どのくらい上昇あるいは下落したかを示す尺度です。一般的に、変動が激しい資産ほど、投資としてはリスクが高いと考えられています。また、あまり変動が激しくない資産に比べて、短期間で高いリターンをもたらすか、大きな損失を被る可能性が高まります。

新たな資産クラスである暗号資産は、価格変動が激しいと広く考えられています。これは、短期間にかなり大幅な上昇および下落を繰り返す可能性があるからです。株式は、比較的安定した大型株(AppleやBerkshire Hathaway)から不安定な場合が多い「ペニー株」まで、幅広いボラティリティがあると考えられています。一方、債券はボラティリティが低い資産だと考えらており、通常、長期にわたって、劇的な上昇および下降はほとんどありません。

ボラティリティはどのように測定されますか?

ボラティリティの測定と言えば、「ヒストリカルボラティリティ(歴史的変動率)」のことを指すのが一般的です。これは、特定の期間(たいてい30日または1年)の価格調査で得られた数値です。将来の動きの予測は「インプライドボラティリティ(予測変動率)」と呼ばれています。実際に将来を予測できる人は存在しないので、これは精密科学よりは劣っています(ただし、CBOEボラティリティ指数のように広く利用されている金融ツールの基になっています。この指数には「恐怖指数」という異名があり、今後30日間の株式市場を予測します。) ボラティリティは、以下の2つの方法によって測定できます。

  • ベータという手法を使って、ある銘柄が広域市場(代表的なベンチマークはS&P 500)と比較してどのくらい価格が変動するのかを測定します。

  • 資産の標準偏差を計算して、その価格が過去の平均からどのくらい乖離しているかを測定します。

なぜボラティリティを理解することが重要なのですか?

ボラティリティとは、投資リスクを評価する際の最も重要な要素のひとつです。従来、投資家は、潜在的な利益が投資の一部を失う可能性に見合うと考えれば、高いレベルのリスクを負います。(あるいは、投資全額を失う可能性に見合うと考える場合もあります。最近の例では、高リスクヘッジファンドマネージャーであるビル・フアン氏が、2日間で200億ドルの資金全額を失いました。)

  • 従来、個人投資家は、リスクを軽減するために資産クラス内で投資を分散するように勧められます。一般的な戦略のひとつは、少数の銘柄ではなく、株式のバスケット(あるいはインデックスファンド)に投資することです。マイナス面の可能性をさらに減らすために、株式のような価格変動が激しい資産クラスと債権のような価格変動が少ないクラスを組み合わせて投資する場合もあります。

  • 誕生から10年あまりの資産クラスなので、暗号資産は急騰と急落を繰り返しており、株式よりも価格変動が激しいカテゴリーだと考えられています。そうは言うものの、ビットコイン(時価総額が圧倒的に高い暗号資産)の取引量の増大と機関投資家の参加の増加で、暗号資産のボラティリティは徐々に下がっているようです。取引量が少ない暗号資産またはDeFiトークンのような新興の暗号資産は、ボラティリティが高くなりがちです。初心者がこのような資産に投資する場合、損失の受け入れが可能な金額をリスクとして負うのが最善です。

  • ボラティリティが上がる要因には、良いニュースや悪いニュース、予測よりも良いまたは悪い収益報告書などがあります。通常、取引量の急激な増加は、ボラティリティに対応します。非常に少ない取引量(主要な市場では取引されない、いわゆるペニー株や規模が小さい暗号資産)も、通常、ボラティリティが高くなります。

暗号資産のボラティリティを減らす方法はありますか?

一部の暗号資産投資家にとって、高いボラティリティは魅力のひとつです。高いリターンを得られる可能性が生み出されるからです。(ビットコインのボラティリティが下がっているように見えても、1週間に2桁の割合で変動することが多く、「押し目買い」のような戦略を取ることができます。)

リスク許容度が低い投資家向けには、ドルコスト平均法のような、ボラティリティのマイナス面の影響を抑える戦略があります。(一般的に、時間が経てば最終的に投資の価値が上がると考えるのに十分な根拠がある、長期的な戦略を持つ投資家は、短期的なボラティリティについて、あまり気にする必要はありません。) また、現在では(USDコインやDaiなど)ステーブルコインと呼ばれるボラティリティを低くすることを主な目的として設計された暗号通貨があります。このような暗号資産の価格は、米ドルなどの準備資産でペッグされています。