Coinbaseのロゴ
ログイン

今週の暗号資産: イーロン・マスク氏のツイートを受けて市場が動揺

テスラ創業者の批判を受けてビットコイン価格が下落し、カルダノが上昇したほか、ヴィタリック・ブテリン氏がインドの新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、ミームコインを寄付しました

2021年5月1日 発行

今週は、ビットコインやイーサリアムなどの最大手コインが大きな打撃を受け、— クリプト市場が消沈しました。一つの原因は?テスラが車の支払いとしてビットコインを受け入れるのをやめたとイーロン・マスク氏が5月12日のツイッターで驚きの発言 をしたからです。

その後、ビットコイン価格は最後に2月に見られたレベルまで下落しました。数週間にわたり、記録的な高値に次ぐ高値を付けていたイーサリアムの価格も 急落しています。ガス代、  つまりイーサリアムネットワークのユーザーが取引するために支払う手数料も、—今週は異常に高くなりました。 

しかし、悪いニュースばかりではありませんでした。ガス代の高騰にもかかわらず、ユニスワップを含む分散型取引所は記録的な取引量を記録しました。時価総額で4番目に大きい暗号資産のカルダノは、史上最高値を更新しました。また、イーダリムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、ドージ(DOGE)にインスパイアされたトークンシバ(SHIB)を10億ドル以上寄付し、インドのCOVID救済活動やその他の目的のために、ミームコインのマーケティング行為を今年の暗号慈善事業の話題に変えました。

興味深いことに、これらの話題はすべて、何らかの形でつながっています。たくさん情報を提供しましたが、準備はいいですか?

イーロン・マスク氏がビットコインについて方針を転換し、クリプト市場を揺るがす

先週、テスラの創設者イーロン・マスク氏(サタデーナイトライブのクリプトに焦点を当てたエピソード の司会を務めたばかり)が、クリプト市場に激しい変動をもたらすツイートを行いました。— 特に、電気自動車メーカーによる数ヶ月間の親ビットコインの動きを覆すようなものでした。マスク氏は、彼の典型的な不遜でミーム満載のツイッターのフィードを通じて、テスラがビットコインでの支払いの受け付けを停止することを発表しました。理由は?「私たちは、ビットコインのマイニングのために化石燃料の使用が急速に増加していることを懸念しています」と、声明を通じて述べています。「暗号資産は様々な面で良いアイデアですが、環境に大きな代償を払うことはできません。」

  • 昨年末以降、ビットコイン価格は歴史的な高値圏で推移しています。この強気な動きはさまざまな要因によって促進されましたが、主な要因は機関投資家による暗号資産の採用です。– その中には、COVID刺激策の時代におけるインフレ上昇に対して保有資産の流動性をヘッジしようとする大手企業の国債が含まれています。

  • テスラは、そうした投資を明らかにした上場企業の中で、圧倒的に大きな行動を起こし、 、2月に15億ドルのBTCを購入しました。

  • ここ数カ月、マスク氏は自身のツイッターでビットコイン、ドージコイン、その他の暗号資産について思わせぶりなコメントをしています。— これらの投稿をきっかけに、暗号資産の価格は上昇する傾向にあります(時には劇的に上昇することも)。

  • それでも、テスラは売却しているようには見えませんが、マスク氏は そうすることを示唆するツイートに対して「間違いない」と答えたことで、状況を混乱させました。この一言でビットコインの価格はさらに下落しましたが、マスク氏はその後、同社が残りのビットコイン持分を売却していないことを再確認しました。

  • マスク氏はツイッターでビットコイン推進派と口論を続けています。「暗号資産の専門家たちよ、ペイパル(PayPal)を知っているかい?」とツイートし、自身が共同設立した決済会社を引き合いに出しました。「多分可能性として、思われている以上に、私はお金の仕組みについて知っていると思います。」

しかし、ビットコインと環境について、科学は何を語っているでしょうか。

色々なことがそうですが、複雑です。ビットコインのブロックチェーンは、マイニングと呼ばれるプロセスによって検証され、安全性が確保されています。—マイニングは、価格が上昇するにつれて、より多くの処理能力を必要とします。また、マイニングが資源を大量に消費するプロセスであることは誰もが認めますが、環境への影響を調べるのはもっと難しいのです。 

  • 最も優れた研究のいくつかは、マイニングの影響に関する多くの主張が誇張されていることを示唆します。1つには、ケンブリッジビットコイン電力消費指数によると マイニング は、 気候変動の有意義な推進力ではありません。また、時期にもよりますが、採掘の20〜70パーセントは再生可能エネルギーでまかなっています。 

  • ARK Investment Management(ARKインベストメント・マネージメント)の分析によると、「ビットコインのエネルギー消費量は、レガシー金融システムに比べて取るに足らないものです」。「電気代だけで測定すると、ビットコインは従来の銀行や金の採掘よりも世界規模ではるかに効率的です。」

  • マイナーは、最も安い電力を使用するよう強く奨励されており、ますますそれが再生可能エネルギーを意味するようになっています

  • 大手マイニング会社が相次いでグリーン・イニシアティブを発表しました。Greenidge Generation Holdings(グリニッジ・ジェネレーション・ホールディングス)は、同社のニューヨークのビットコインマイニング事業が6月1日にカーボンニュートラルになると発表しました。アルゴ(Argo)ブロックチェーンは、カナダで水力発電を主とした新規事業を展開することを 発表しました 。また、アルゴは最近、マイニング企業のDMGブロックチェーンとともに、2040年までにマイニング業界全体が炭素排出量純ゼロに移行することを奨励することを目的とした「暗号資産気候協定(Crypto Climate Accord =CCA) 」にも参加しました。

暗号市場全体が苦戦している中で、なぜカルダノが伸びているのでしょうか?

マスク氏は声明の中で、テスラ(Tesla)は「ビットコインの1%以下のエネルギー/トランザクション」を使用する暗号資産に注目しているとも述べました。このニュースを受けて、– クリプト市場全体が急落しているにもかかわらず、カルダノ(Cardano)の価格は上昇傾向にあります。なぜカルダノなのか?トレーダーは、カルダノがマスク氏が興味を持っている暗号資産の1つではないかと推測したようです。 

  • カルダノの目標は、環境的に最も持続可能なブロックチェーンプラットフォームになることです。ビットコインやイーサリアムが現時点で採用しており、エネルギーを大量に消費するプルーフオブワーク(PoW)方式ではなく、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)方式の独自の合意形成メカニズムである「ウロボロス」を採用しています。(イーサリアムもETH2のアップグレードを通してPoS方式に移行しています。) 

  • プルーフ・オブ・ステークは、マイナーの代わりにバリデーターと呼ばれる投資参加者のネットワークを使用します。バリデーターは、マイナーのように処理能力を提供してネットワークを保護したり、トランザクションを検証するのではなく、自身が保有するエイダ(ADA)をステーキングします。

  • カルダノはイーサリアムのコンセプトを次世代に進化させることを目的としており、—スマートコントラクトを実行するための柔軟性、持続性、拡張性に優れたブロックチェーンプラットフォームで、さまざまな分散型金融アプリ、暗号資産の新たなトークン、ゲームなどの開発がそれによって可能になります。 

  • カルダノのスマートコントラクト機能はまだ本格展開していません。 開発者は、今年後半に実現すると言っています。 

  • カルダノの仕組みについての詳細 

イーサリアムの手数料上昇 vs ヴィタリック・ブテリンのミームコイン慈善事業

ビットコイン以外に、マスク氏の注目を最も集めたのはドージコイン(Dogecoin、DOGE)で、価格は年初に1ペニーにも満たなかったところから本日早朝には50セント弱まで上昇し、— 時価総額で5番目の暗号資産となりました。ドージの乱高下をきっかけに、シバイヌ(SHIB)、アキタ(AKITA)、ドージロンマーズ(Dogelon Mars)などのミームコインのクローンが出現し、— 一時的なハイプサイクルに乗って出金しようとする短期トレーダーの間でミーム的な熱狂が起こっています。 

  • ミームコイン騒動はガス代の高騰に貢献しました。— これは、イーサリアムネットワークのユーザーがDeFiトランザクションを行うなどのために支払う手数料です。 

  • ミームコインの開発者は、イーサリアムの共同開発者であるヴィタリック・ブテリン氏がファンであることを他のトレーダーに信じこませるための努力として、ブテリン氏に何兆ものトークンを「プレゼント」していました。

  • ブテリン氏は、 インドのCOVID-19救済基金に約10億ドル相当のSHIBを寄付しました。そして、残ったトークンの90%を「焼却」し、永久に流通させなくしたのです。

  • イーサリアムは現在、ETH2ブロックチェーンへのアップグレードが行われています。 — これはカルダノと同様のプルーフオブステーク・コンセンサス機構を使用し、速度を大幅に向上させコストを下げるはずのものです。

  • ETH2開発者の一人によると、イーサリアムは「 プルーフ・オブ・ステークまで約半年 」だそうです。(イーサリアム財団によりますと、現在のブロックチェーンとETH2ブロックチェーンは「2021/22年頃」に統合されるとのことです。)

  • ETH2についての詳細と、ETHの一部を賭けて報酬を得る方法について

その他のニュース:eBayがNFTを販売、ユニスワップ(Uniswap)の取引量が過去最高を記録

  • ピーター・ティール氏が共同設立したデータ解析の上場企業パランティア(Palantir)はビットコインによる決済を受け付け、バランスシートにビットコインを加えることを検討していると発表しました。

  • サムスン(Samsung)は、同社のギャラクシースマートフォンに暗号通貨ハードウェアウォレットのサポートを追加することを開始しました。

  • 過去1週間、1カ月間、または1年間で、最も投資収益率(ROI)が高かったのはどの暗号資産でしょうか?当社の週間チャートをご覧ください。