Coinbaseのロゴ
ログイン

今週のビットコイン価格:1月26日〜2月2日

2021年2月2日発行

全体の動き

Gamestop や AMC のような「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)に一般投資家が殺到したことを受けて、先週、あらゆる市場で大きな価格変動が見られました。先週末、人気の高い複数のオンライン取引プラットフォームが、これらの銘柄を含む特定の銘柄の株取引を制限しました。その後ビットコイン取引所では、従来の投資に代わる分散化された選択肢を求める新規ユーザーの活発な動きが見られました。また、テスラの創業者イーロン・マスク氏が「#bitcoin」というハッシュタグをTwitterの自己紹介に入れたことで、1月29日には価格が20%近く急騰しました。現在、世界有数の大富豪としてアマゾンのジェフ・ベゾスと競い合っているマスク氏が日曜日の夜(太平洋標準時)、音声SNSアプリ「クラブハウス」を通じて、ビットコインについての考えをさらに語りました。マスク氏は「現時点ではビットコインは良いものだと思っているし、私はビットコインの支持者だ。ビットコインは、従来の金融関係者に広く受け入れられる寸前にあると思う」と語りました。

主なポイント

ビットコインに新たに関心を示した大物投資家は、マスク氏だけではありませんでした。ヘッジファンドマネージャーのレイ・ダリオ氏から起業家のマーク・キューバン氏まで、ビットコインはビジネス界の一部の大物たちから継続して後押しを受けています。その他のニュースでは、今週、世界で2番目に人口の多い国であるインドの政府がビットコインをめぐる新たな規制の導入を計画しているという相反する報道がありました。 

  • ヘッジファンド大手ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であるダリオ氏は、ビットコインは「ものすごい発明だ」とし、法定通貨のインフレから投資家を保護することを目的とした一連の新規ファンドの投資対象として暗号資産を検討しています。

  • キューバン氏は自身のブログで、若い投資家がバーチャルな価値の保存手段を受け入れるようになってきたと指摘し、「次の世代は、オンラインで作成されたものを含むあらゆるデジタル商品から、ビットコインやイーサリアムなどのさまざまな暗号資産まで、物理的な資産よりも管理がしやすいデジタル資産に価値を見出すだろう」と語りました。

  • アジア最大級の金融機関であるシンガポール銀行は、ビットコインは金に取って代わる価値の保存手段になる可能性があると語りました。(同記事の関連ニュースでは、最近の調査でミレニアル世代の67%が金よりもビットコインを保有することを好むことが示されました。)

  • 現在10億ドルを超える暗号資産ポートフォリオを構築した、ワンリバーアセットマネジメントのCEOであるエリック・ピータース氏は、ビットコインのような資産を採用したいとする機関投資家からの需要が高まっていると指摘しています。機関投資家がこの分野に参入し、価格が上昇するにつれて、ピータース氏は「さらに強い投資家」が参加することでボラティリティが低下する可能性があると示唆しています。

  • クレジットカード大手のVisaのCEOは直近の業績発表で、Visaの暗号資産に関する戦略について詳しく説明し、ビットコインを「デジタルゴールド」と表現しました。同社はまた、「Visaのユーザーが暗号資産の購入ができるように、また暗号資産を売却して法定通貨の購入ができるようにする」計画を語りました。

  • アーク・インベスト社のキャシー・ウッドCEOは、さらに多くの上場企業がスクエア社やマイクロストラテジー社に倣って、法定通貨のインフレに対するヘッジとしてビットコインを使用するようになると考えていると語っています。「このヘッジ手段を貸借対照表に載せる企業が増えてくるのではないかと思います。特にそのテクノロジーを理解し、慣れているテクノロジー企業において。」と語りました。

  • ビットコインの強気相場を支える原動力について大局的な理解を深めたいですか?新しい特別レポートをご覧ください

スポットライト:ビットコインホワイトペーパーをホストする世界的な動き

すべての人に開かれた分散型金融を約束するビットコインに対する支持を表明するために、政府や企業、選出議員が連合して、ビットコインホワイトペーパーの原文を各自のウェブサイトでホストしています。最初の暗号資産であるビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという名前を使用する匿名の個人またはチームが、暗号技術に関するメーリングリストに「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピアツーピア電子通貨システム)」を投稿したことで、世界に公開されました。 

Coinbaseは現在、次の団体とともに、すべての始まりとなったビットコインホワイトペーパーをホストしています。政府(エストニアコロンビアマイアミ市)、選出議員(パトリック・マクヘンリー下院議員トム・エマー下院議員)、および企業(スクエア社フィデリティ社フェイスブックのNovi(ノビ)社)。