Coinbaseのロゴ
ログイン

今週のビットコイン価格:12月15日~21日

ビットコインは史上最高値の更新に向けて20,000ドルの壁を突破しました。一方、ウォール街をはじめとする機関投資家によるこの分野への参入も続きました。最新の週刊レポートはこれ以外にも情報が満載です。 

2020年12月21日発行

全体像

ビットコインの約11年の歴史の中で最も注目を集める週において価格は先週横ばいに推移した後、史上最高値を一気に更新しました。史上初の20,000ドルの大台を突破しただけでなく、週の後半は20,000ドルというよりも25,000ドルに近い水準で推移しました。また、今シーズンのビットコインに関するもう一つの大きな話題は、世界中のファンドからの機関投資家による大規模な追加投資によって、引き続き展開されました。現在私たちに残された大きな問題は、この先どうなるのかということです。 

主なポイント

現在、暗号資産の時価総額は6,490億ドルに達しており、大金を投じる投資家たちの注目がますます集まっています。今週の大きな見出しをいくつかご紹介します。

  • グッゲンハイム・インベストメンツ社のCIO(最高投資責任者)であるスコット・マイナード氏は、2万ドル以上になっても、暗号資産はまだ過小評価されている可能性があると語っています。同社は最近、ビットコインを5億ドルも購入する意向を表明しています。ブルームバーグはマイナード氏の見解を次のように説明しています。「ビットコインの希少性と米連邦準備制度理事会(FRB)による『過剰なお金の印刷』とを組み合わせると、暗号資産がいずれ上昇するということになる。」

  • 今週、ロンドンを拠点とするラッファー・インベストメンツ社が、200億ドルの総運用資産のうち2.5%をビットコインに割り当て、約7億4,000万ドル相当のビットコインを保有していることがわかりました。Coindeskが報じたところによると、ラッファー社は、株主向けの最新情報に次のように記載しています。「我々はビットコインを、世界の主要通貨の継続的な切り下げに対する、小さいながらも強力な保険だと考えています。」

  • ラッファー社は、暗号資産投資ファンドであるワン・リバー・デジタル・アセット・マネジメント社の投資家でもあります。ブルームバーグによると、ワン・リバー社は、「2021年初頭の時点で、ビットコインとイーサの保有額を約10億ドルにすることを約束をしています。」

  • 主要なファンドが、取引の実行や保有資産の安全な保管のために、暗号資産ネイティブのパートナーを求めているのを目にします。ワン・リバー社はCoinbaseをパートナーに選びました

  • 長年、ビットコインに懐疑的だったフィナンシャル・タイムズのコラムニストであるイザベラ・カミンスカ氏は、機関投資家によるビットコインの採用について次のように指摘しています。「(ビットコインの)全体的な回復力を否定することは、もはや不可能です。そして、ビットコインの存在意義の一部は常に回復力にあったので、これは挑戦者となるシステムにとって重要な勝利です。機関投資家にとってビットコインへの投資がもはや無視できないものと感じていると考えるなら、なおさらでしょう」。

機関投資家の関心を測定

機関投資家の増加を示す指標として、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコインの「建玉」が今週、14億ドル以上になり、史上最高を記録しました。(建玉とは、先物取引などにおいて、約定しているにもかかわらず、未決済となっているものを指します。) ブルームバーグによると、CMEで急速に拡大しているビットコイン先物市場は、暗号資産金融と従来型の金融の重要な交差点となっています。つまり「今年は建玉が3倍になり、投資家が市場で取引しやすくなりました。

スポットライト:ビットコインノード

Bitnodes.ioによるネットワークサンプルによると、ビットコインノードの総数が史上最高に近づいています。Bitnodes.ioは、ビットコインネットワークの規模を測定するツールです。ノードとは、ビットコインネットワーク上のコンピュータのことで、トランザクションの記録と検証を行います。各ノードは、ブロックチェーンのコピー全体を保存します。ノードの総数は、ブロックチェーンの健全性と、真にボーダーレスな金融ネットワークとして機能する能力の両方を示す重要な指標です。何千ものノードが世界中に分散しているため、外部の力でネットワークを遮断することは基本的に不可能です。 ノードは現在、少なくとも96カ国に分散しています。(経済記者のEd van Der Welt氏は月曜日、ブルームバーグTVで、ビットコインノードを設定したと説明しました。)

社会の動向

ビットコイン価格は秋の間ずっと上昇傾向にありましたが、 ソーシャルメディアが取り上げた回数は、2017年の強気相場と比較して大幅に減少していました。しかし、今週はツイート数が3年ぶりの高水準となりました。12月17日、ビットコインに関するツイート数は10万件を超えました。The TIEによると、これは2018年1月に記録した13万5,000件の記録にわずかに及びませんでした。

続きを読みますか?

Coinbaseのアナリストがお勧めする今週の暗号資産に関するヘッドラインを次にいくつかご紹介します:

暗号資産取引を始めましょう

世界中で信頼される暗号資産のプラットフォーム Coinbase