Coinbaseのロゴ
ログイン

今週のビットコイン価格:11月8日~14日

ビットコイン価格の反発は続き、2018年1月以来初めて16,000ドルを突破しました。市場の牽引役は何か?Coinbaseのアナリストや研究員から届く週刊レポートを使って、情報に基づく取引を行うために必要な情報を入手しましょう。

2020年11月14日発行

全体像

5週連続で好調な ビットコイン価格は4.17%上昇し、 2018年1月以来初めて16,000ドルの壁を突破しました。Coinbaseの取引高(下のチャートを参照)は、今年最高を記録しました。米国の選挙当日は昼夜ともに大きな変動はありませんでしたが、選挙結果が確実になってくるにつれ、市場では取引高が大幅に増えました 。

選挙以外で、今週の市場を動かした最大のニュースは、ファイザー社がCOVID-19ワクチンの有効性を発表したことです。モデルナ社も間もなく、COVID-19ワクチンの試験結果を報告する予定です。

ワクチンの発表は、今週の価格にどれくらい影響を及ぼしたのでしょうか?ビットコインの反発には、他にどのような要因があったのでしょうか?今週のレポートはこれ以外にも情報が満載です。

主要な動向

暗号資産は大きなブームになっています。その規模はどうでしょうか?すべての暗号資産の時価総額は現在、先週に比べて7.5%増の4570億ドルに達しています。その多くは、ビットコインが牽引しています。最大の暗号資産であるビットコインは、時価総額が3,000億ドルを突破し、暗号資産のエコシステム全体の64.38%を占めており、過去最高の時価総額である約3,300億ドルに迫る勢いです。

  • Coinbaseでは、新規および既存のお客様からのビットコインとイーサリアムの両方に対する関心が引き続き高まったため、再び過去最高の取引高を記録しました。今週は、週を通じて新規および既存の投資家(ヘッジファンドなど)が市場に参入しました。 

  • ビットコインの15,000ドル超えは2回目で、その後16,000ドルを超えたため、暗号資産ネイティブ企業による利益確定の動きが強まりました。これは、価格の上昇に伴って想定済みですが、短期的にはビットコインの継続的な上昇に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。(これとは違う見方もあり、利益確定の動きがビットコインの上昇にマイナスの影響を与える可能性について、プロの暗号資産ウォッチャーの間でも意見が分かれています。)

  • ビットコイン価格は金価格とよく比較されますが、ビットコインは今週、ワクチンの発表を受けてさらなる抵抗力を示しました。発表直後には、金をはじめ、国債、ハイテク株、およびPeloton、Zoom、Netflixなどの「巣ごもり」株の売りが見られました。ビットコインはこのニュースの影響をほとんど受けず、株式や金との相関性は見られませんでした。

  • 今週の注目すべきブロックチェーンに関する動きの中には、有効なアドレス数とトランザクション数の増加がありましたウォール街の大物投資家たちの中には、ビットコインに注目している人もいます。伝説の投資マネージャーであるビル・ミラー氏が先週、ビットコインを「強く」推奨しました。それに続いて、ヘッジファンドの巨人であるスタン・ドラッケンミラー氏が今週、議論に参戦し、ビットコインを保有していることを明らかにしました。同氏は、価値の保存手段としてビットコインに「前向きになり」、金よりも「うまく機能する」のではないかと期待を寄せています。

  • また、イーサリアムへの関心の高まりも見られました。 この動きはイーサリアムブロックチェーンの計画的なアップグレードである ETH2.0 に先立つもので、今年後半に開始が予定されています。心強いことに、ビットコインを購入していた従来の金融機関の中には、イーサリアムについてさらに真剣に検討したうえで、取引を開始する金融機関も出てきました。

ビットコイン対その他の資産

ウォール街では、ワクチンの発表を受けて株価は今週も堅調に推移しましたが、半面、金の価格が下落しました。ビットコインはこのニュースの影響を特に受けなかったようで、上昇を続けました。これまで相関関係にあったビットコインと金の価格が乖離していることは注目すべきことであり、今後も引き続き注視します。 

2020年11月13日午後4時(米国東部時間)現在

社会の動向

当然ながらTwitterのつぶやきは、ビットコインとイーサリアムともに今年最多となる勢いです。しかし、いずれも2017年後半に起きた前回の大規模な反発の際に見られたツイート数を大きく下回っています。これは好奇心旺盛な新しい個人投資家とは対照的に、現在の反発の要因が、すでに暗号資産に興味を持っている人や金融関係者に限定されていることを示している可能性があります。