Coinbaseのロゴ
ログイン

イーサリアムとは何ですか?

その購入方法や仕組みから、スマートコントラクトやETH2までを網羅した、2番目に大きい暗号資産に関する初心者向け完全ガイド

イーサリアムとは何ですか?

イーサリアムは時価総額でみてビットコインに次いで2番目に大きい暗号資産です。分散型のコンピューティングプラットフォームでもあり、多岐にわたるアプリケーションを運用できます。そうしたアプリにはDeFi領域全般が含まれます。

2015年にローンチされたイーサリアムは、時価総額でみてビットコインに次ぐ2番目に大きい暗号資産となっています。しかし、ビットコインとは異なり、暗号資産として構築されたものではありません。むしろ、イーサリアムの創設者が目指したのは、ブロックチェーンの安全性やオープンさに着目し、それらの特性をさまざまなアプリケーションに利用する、グローバルかつ分散型の新たなコンピューティングプラットフォームの構築でした。  

金融ツールやゲームから複雑なデータベースに至るまで、あらゆるものがすでにイーサリアムブロックチェーン上で動作しています。そして、開発者の創造力のみがその今後の可能性を広げられます。非営利団体のイーサリアム財団が述べているように、「イーサリアムはほぼあらゆるものを分類、分散、保護、取引するのに使用できます。」

  • 最新の価格は、Coinbaseのイーサリアム資産ページで確認できます。

  • イーサリアムは人気のある投資手段ならびに富の蓄積手段になった(また、ビットコインのように仲介なしで資産を出入庫するのに使用できる)。

  • 開発者はイーサリアムブロックチェーンにより、多岐にわたるアプリケーションを構築し、運用できる。ゲームや高機能データベースから複雑かつ分散型の金融商品に至るまで、あらゆるアプリである。つまり、開発者は銀行やその他の企業を介在させる必要がない。 

  • イーサリアムをベースとしたアプリは「スマートコントラクト」を用いて構築される。スマートコントラクトでは通常の紙ベースの契約のように、当事者間の合意条件を取り決める。しかし、昔ながらの契約とは異なり、合意条件が満たされれば自動的に実行される。どちらの当事者も契約相手が誰かを知る必要はなくいかなる仲介の必要もない。 

  • イーサリアムはビットコインのように、一個人が所有したり運営することのないオープンソースのプロジェクトである。インターネットに接続できる人なら誰もがイーサリアムノードを運用したり、ネットワークとやりとりできる。

  • ビットコインの分散型ブロックチェーンにより、見ず知らずの人物2人が世界中のどこにいても、銀行を介さずに資産を出入庫できるのと同様に、イーサリアムの分散型ブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトにより、開発者は複雑なアプリケーションを構築でき、そうしたアプリはプログラムした通りに正確に作動し、ダウンタイム、検閲、不正、第三者の介入を必要としない。 

イーサリアムをベースとした人気を博すイノベーションには、ステーブルコイン(スマートコントラクトによって価格をドルにペッグしているDAIなど)、分散型金融アプリ(DeFiと総称される)、その他の分散型アプリ(Dappsと略される)が含まれる。

イーサリアム、イーサ、ETHの違いは何ですか?

イーサリアムはネットワークの名前です。「イーサ」はイーサリアムネットワークが使用するネイティブの暗号資産トークンです。日常的な使い方では、ほとんどの人がこのトークンを「ETH」(または「イーサリアム」)と呼んでいます。資産を出入庫したり保管する手段として、ETHはビットコインとほとんど同じように機能します。ただし、イーサリアムネットワーク上で特別な役割も担っています。これは、ユーザーがETHで手数料を支払ってスマートコントラクトを実行しているため、ETHを全体を動かし続ける燃料と考えることができるためです(そうした手数料が「ガス」と呼ばれるのはこのためです)。

ビットコインが「デジタルゴールド」であれば、ETHは「デジタルオイル」と認識できます。

イーサリアムは安全ですか?

ビットコインが自身のブロックチェーンによって保護されているのとほとんど同じ方法で、ETHは現在、イーサリアムブロックチェーンによって保護されています。ネットワーク上の全コンピューターが提供する膨大な計算能力が、あらゆるトランザクションを検証およびセキュリティを確保し、第三者が干渉するのを事実上不可能にしています。 

イーサリアムのシンボルが付けられた錠前

暗号資産の背後にある基本的なアイデアが暗号資産の安全性の確保に役立っています。システムは非許可型で、中核となるソフトウェアはオープンソースのため、数多くのコンピューター科学者や暗号作成者がネットワークやそのセキュリティのあらゆる側面を調査することができました。 

しかし、イーサリアムブロックチェーン上で動作するアプリの安全性は、開発者がそのアプリを構築した範囲でしか保証されません。たとえばコードには、資産を失う結果になりかねないバグが含まれていることがありえます。アプリのソースコードも公開されていますが、個々のアプリのユーザー基盤はイーサリアム全体のユーザー基盤よりはるかに小さく、したがってアプリに向けられる目も少なくなります。利用予定の分散型アプリについて調べることが重要です。 

イーサリアムプロトコルは現在、高速かつなお一層の安全を目指す形で更新中です。詳細については、次のイーサリアム2.0のセクションをご覧ください。

イーサリアムはどのように機能しますか?

ビットコインブロックチェーンが、銀行の台帳や小切手帳によく似ていると聞いたことがあるかもしれません。ビットコインブロックチェーンは、ネットワーク上で実施された全トランザクションを一番最初まで遡って行った集計の途中経過といえます。そして、ネットワーク上の全コンピューターが、その集計が正確かつ確実であることを保証する作業に計算能力を提供しています。 

一方、イーサリアムブロックチェーンはむしろコンピューターに近く、トランザクションの記録や保証作業も行いますが、ビットコインブロックチェーンより高い柔軟性を持ちます。開発者はイーサリアムブロックチェーンを用いて多種多様なツールを構築できます — 物流管理ソフトウェアやゲームからDeFiアプリケーション(貸付、借入、取引など)まで。

  • イーサリアムはこれらすべてを実現するために「仮想マシン」を使用します。イーサリアムソフトウェアを実行する多くの個別コンピューターで構成された、巨大なグローバルコンピュータのようなものです。これらすべてのコンピューターを稼働させ続けるには、参加者がハードウェアと電力の両方に資金を投じる必要があります。ネットワークではそうした費用を賄うため、イーサ(または一般にETH)と呼ばれるビットコインのような独自の暗号資産を使用しています。

  • ETHは全体を動かし続けています。ユーザーはスマートコントラクトを実行するためにイーサリアムネットワークにETHで手数料を支払い、ネットワークとやりとりします。そのため、ETHで支払うそうした手数料は「ガス」と呼ばれます。

  • ガス代はネットワークの混雑状況次第で変動します。イーサリアム2.0と呼ばれるイーサリアムブロックチェーンの新バージョンは、効率の向上を目指しており、2020年12月に本格展開を開始しました。(新バージョンへの移行は今後2年間かけて実施される予定です。)

イーサリアム2.0とは何ですか?

イーサリアム2.0(ETH2と呼ばれることも多い)はイーサリアムネットワークの大規模アップグレードです。セキュリティ、スピード、効率性を引き上げると同時に、イーサリアムネットワークの拡張できるように設計されています。

2021年初頭時点では、イーサリアム2.0とイーサリアム1.0が同時に存在しています。しかし、初代ブロックチェーンは最終的にはETH2ブロックチェーンに統合される予定です。(ETHを保有者していても何もする必要はありません — ETH1.0ブロックチェーン上の保有は自動的にETH2ブロックチェーンに移行されます。)ETH2への移行は2020年12月に開始され、2年かかる予定です。

なぜイーサリアム2.0が必要なのですか?人気がある暗号資産を新プラットフォームに移行する計画は複雑ですが、イーサリアムが拡大・発展するために実施しなければなりません。これは、ETH1.0ブロックチェーンでは、トランザクション検証の目的で用いる「プルーフオブワーク」メソッドがボトルネックになり、手数料上昇や(電力を中心とした)かなりのリソース消費を招くためです。

プルーフオブワークとは何ですか?  暗号資産のネットワークはどのようにして、VisaやPayPalのような中央機関を介さずに、誰も同じ資産を2回費やしていないと確認しているのでしょうか?これには合意形成メカニズムが使用されているのです。ETH1.0はローンチ時に、ビットコインが先行して使用しており、プルーフオブワーク(PoW)という適切な名前がつけられた合意形成メカニズムを採用しました。 

  • PoWには膨大な処理能力が必要です。そうした処理能力を世界中のバーチャル「マイナー(採掘者)」が提供しており、彼らは時間がかかる数理パズルを他者に先駆けて解くべく競争しています。 

  • その勝者は、最新のトランザクション検証してブロックチェーンを更新でき、あらかじめ定められた金額のETHを報酬として受け取ります。  

  • このプロセスは30秒ごとに行われます(ビットコインでは約10分ごと)。しかし、ネットワーク上のトラフィックが増加するにつれ、PoWの制約がボトルネックとなり、予測できない手数料上昇を招いています。

ステーキングとは何ですか?

検証済みのチェックマークが上についた大量のコイン

イーサリアムの創設者はプルーフオブワーク(PoW)の制約を認識していました。そのため、イーサリアム2.0では大きく異なるソリューションが考案されました。— 最終的にはネットワークが、1秒間に数千ものイーサリアムのトランザクションを効率的に処理できるようになるソリューションです。

イーサリアム2.0ではプルーフオブステーク(PoS)と呼ばれる合意形成メカニズムを使用します。PoSはPoWより高速ですが、それほどリソースを消費せず、また(少なくとも理論上は)PoWより安全です。そして、ネットワーク参加者1名が選出され、その人物が最新のトランザクションを承認し、ブロックチェーンを更新し、いくらかのETHを獲得するという、PoWと同じ最終結果が得られます。 

  • マイナーのネットワークが競い合ってパズルを解くよう求めるのではなく、文字通りこの計画の成功に投資する参加者の強固なネットワークがPoSでは必要。

  • これらの利害関係者をバリデーターと呼ぶ。マイナーのようにCPUの処理能力を提供する代わりに、バリデーターはETHを「ステーキングプール」に提供する。 

  • ETHをプールに提供するこの行動をステーキングと呼ぶ。ユーザーが保有するETHの一部をステーキングすることを選ぶと、その規模に応じて報酬を獲得できる。ほとんどのユーザーにとって、ステーキングは有利子の貯蓄預金口座のように機能する。 

  •  各バリデーターがプールに提供したETHの金額やその提供期間に基づき、ネットワークが代表者を選出し— まさに最も投資した参加者を報いる。 

  • 代表者がトランザクションの最新ブロックを承認した後、他のバリデーターがそのブロックの正確性を検証できる。そうした検証(アテステーション)の数がしきい値に到達すると、ネットワークがブロックチェーンを更新する。 

  • 参加しているバリデーター全員がETHで報酬を受け取る。報酬は各バリデーターのステーキング規模に応じてネットワークが分配する。 

スマートコントラクト101

スマートコントラクトはそもそも1990年代に、コンピューター科学者ならびに法学者のニック・スザボ氏によって提唱されました。スザボ氏がスマートコントラクトを自動販売機に例えたのは有名な話です。缶入りのソフトドリンクを25セントで販売する自販機をイメージしてください。 自販機に1ドルを入れてドリンクを選ぶと、プログラムが組み込まれた自販機はそのドリンクとおつりの75セントを用意するか、(売り切れの場合)他のドリンクを選ぶよう促すか、1ドルを返却します。これがシンプルなスマートコントラクトの例です。ソフトドリンクの自販機が人手を介さずに販売を自動化できるのとまるで同じように、スマートコントラクトは実質的にあらゆる種類の交換を自動化できます。

イーサリアムの沿革

2013年 

  • 19歳のコンピュータープログラマー(ならびにBitcoin Magazineの共同創刊者)のヴィタリック・ブテリン氏がホワイトペーパーを発表し、事実上どのような種類の取引やトランザクションでもサポートできる、極めて柔軟なブロックチェーンを提唱。

当社CEO・共同創設者のブライアン・アームストロングは最近、イーサリアムの産みの親であるヴィタリック・ブテリン氏と会談し、ETH2からクリプトエコノミーの規模拡大まで、さまざまなトピックについて議論しました。

2014年 

  • トロントを拠点とするブテリン氏が、イーサリアム共同創設者のギャビン・ウッド氏を含むチームとともに、クラウドファンディングでイーサリアムプロトコルの開発資金を調達し、1,800万ドル相当のローンチ前トークンを販売。

2015年 

  • 7月、イーサリアムブロックチェーン初のパブリックバージョンがローンチされる。スマートコントラクト機能のロールアウトがイーサリアムブロックチェーン上で始まる。

2016年 

  • スマートコントラクトを使用するDAO(Decentralized Autonomous Organization[自律分散型組織]の略)と呼ばれるベンチャーファンドが、ソフトウェアの脆弱性を突いたハッキングにより約5,000万ドルを失う。 

  • イーサリアムコミュニティーは、争いを招きかねない投票において、失った資産を元の持ち主に返すことになる方法でのプロトコルの変更を選択。その結果、イーサリアムブロックチェーンは(ハードフォークを通して)2つの独立したブロックチェーンに分岐し、それぞれがイーサリアム、イーサリアムクラシックという独自のアクティブコミュニティーを持つようになる。

2017年 

  • ERC-20規格が策定され、開発者が互換性のあるアプリケーションを構築するのが容易になる。ERC-20はイーサリアムブロックチェーンにおける暗号資産(やトークン)の作成方法を規定する。 

  • イーサリアムをベースとし、広く人気を博す最初のアプリが、ユーザーがデジタルキャットを収集・取引するCryptoKittiesと呼ばれるゲームの形で登場。同アプリは熱狂的な人気を集め、ピーク時にはレアなデジタルキャットが20万ドルを超える価格で売られる。 

  • 非営利団体のEEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)が、スマートコントラクト技術の実用的なアプリケーション開発を促す目的で発足。メンバーには、JP Morgan、 Samsung、 Microsoft、および Mastercardが含まれる。 

  • イーサリアムブロックチェーン上の最初の分散型金融(DeFi)プロトコルであるMakerDAOがローンチされる。メーカーはまた、ETHをベースとした初のステーブルコインであるDAIもローンチ。

  • ETHの価格が初めて100米ドルを突破。

2018年

  • 貸付プロトコルのコンパウンドや分散型取引所のユニスワップの登場により、取引やトランザクションをより高速・安価・安全にし、金融サービス業界を変革することを目指すDeFiが本格化。 

  • USDCステーブルコインがローンチされる。CoinbaseとCircleのパートナーシップであるCENTREコンソーシアムのサポートを受け、USDCは初年度に10億ドル相当のコインを発行。  

  • ETHは1月に初めて1,000ドルを突破し、その後100ドル未満へ下落。

2020年 

  • イーサリアム2.0のアップグレードが12月に始まる。イーサリアム1.0から2.0への完全移行が完了するまで2年前後かかる予定。

  • イーサリアム2.0は第1フェーズの一環としてプルーフオブステーク(PoS)を導入。イーサリアム1.0は引き続きプルーフオブワーク(PoW)を合意形成メカニズムとして使用。

2021年

イーサリアムを購入するにはどうすればよいですか?

しかし、ETHを獲得するには、いくつかの基本的な概念を理解しなければなりません。イーサリアムネットワーク上の全アドレスに公開鍵と秘密鍵が発行されます。また保有する暗号資産を管理するためのウォレットが必要になります。  

  • 公開鍵: メールアドレスのクリプトバージョンと考えてください。イーサリアムの公開鍵は、ETHやイーサリアムをベースとしたUSDCやDAIなどのトークンを他の人があなた宛に出庫できる場です。公開鍵は安全に他の人に渡すことができます。

  • 秘密鍵: あなた用のパスワードと考えてください。秘密鍵を他の人に渡すのは避けるべきです。秘密鍵はアルファベットと数字で構成される長い文字列です。(シードフレーズと呼ばれる連続した単語の形にもできます。)ご自身の秘密鍵を記録しておくことが非常に重要です。秘密鍵を失くすと、ご自身のイーサを永遠に失うことになります。 

  • ウォレット: イーサを保管・保護するにはウォレットが必要です。始めの段階では、Coinbaseアプリかcoinbase.comを通して口座を開設するのが一番簡単な方法です。その場合、あなたに代わって秘密鍵を保管・保護してくれる「管理ウォレット」とやりとりすることになります。慣れてくると、他のウォレットの選択肢について調べたくなるかもしれません。コンパウンド(貸付および貯蓄アプリ)やユニスワップ(暗号資産を取引できる分散型取引所)など、分散型金融(DeFi)プロトコルとやりとりする目的で構築された他のウォレットです。

イーサリアムにはどのような価値がありますか?

この質問に対する答えはいくつか存在します。ある面では、他のあらゆる資産のように、イーサリアムの価値は市場によって決定されます。多くの人が1日24時間、ビットコイン、ドル、ユーロ、円、その他の通貨でイーサリアムを購入しています。価格は需要次第で日々変動します。(イーサリアムの価値は、米ドルなどの通貨やフォーチュン500銘柄などの株式に比べてボラティリティが高い傾向にあります。イーサリアムがまだ新興技術であるためです。)

しかし、なぜ市場が現在のようなやり方でイーサリアムの価格を決定するのかは、はるかに複雑な質問です。多くの投資家にとってイーサリアムの価値は、ステーブルコインを発行したり、DeFiアプリケーションを運用するための、プラットフォームとしての柔軟性に基づいています。そしてその結果、ユーザー基盤が拡大して取引手数料が増加しています。 

イーサリアムの次に来るのは何でしょうか?

2021年初頭時点では、イーサリアムは大多数のブロックチェーンアプリケーションをホストしており、2,000億ドル弱の時価総額を有し、550億ドル超がそのブロックチェーン上のトークンにロックされています。USDCやUSDTなどの人気があるステーブルコインは現在、そのネットワーク効果から、ほとんどイーサリアム上に存在しています。

しかし、この領域では、多岐にわたる新たなスマートコントラクトブロックチェーンが競合し始めています。そのため、イーサリアムは現在この市場で圧倒的な地位を占めていますが、イーサリアム2.0への移行を首尾よく実行するようにというプレッシャーは高まっています。 

暗号資産取引を始めましょう

世界中で信頼される暗号資産のプラットフォーム Coinbase