Coinbaseのロゴ
ログイン

暗号化とは何ですか?

A lock on a grid, surrounded by cubes

定義

暗号化とは、暗号化されたメッセージを二者間またはそれ以上の当事者間で安全に送信するための研究と実践です。暗号化により、銀行やその他の仲介業者を必要とせずに、暗号資産のトランザクションを匿名で安全で「管理者による承認が不要」にすることができます。

「cryptocurrency(暗号資産)」という単語に含まれる「crypto」とは、ギリシャ語で「秘密」を意味します–これが、暗号化の分野とはいったい何かについての手がかりになります。暗号化とは、暗号化されたメッセージまたはデータを二者間またはそれ以上の当事者間で安全に送信するための研究と実践です。送信者はメッセージを「暗号化」してその内容を第三者にわからないようにし、受信者はそのメッセージを「解読」して再び判読できるようにします。  

暗号資産は暗号化を使用し、トランザクションを匿名で安全で「信頼不要」にします。つまり、トランザクションを安全に行うために相手を知る必要はありません。 – 銀行、クレジットカード会社、政府、またはその他の第三者も必要ありません。また、暗号化は暗号資産にとって重要なだけではありません—私たちのコンピューターとそれに接続されているネットワークは、あなたが行うGoogle検索からメール送信まですべてにおいて、常にデータの暗号化および解読を行っています。

なぜ暗号化が重要なのですか?

暗号資産は、完全に暗号の概念に基づいています。ビットコインは、サトシ・ナカモトという名の匿名の個人(またはチーム)によって考案されました。そして、その概念は2009年に暗号技術に関する掲示板に投稿されたホワイトペーパーの形で提案されました。 

ナカモトが解決した最も厄介な問題は、二重支出問題と呼ばれるものでした。ビットコインは単なるコードであるため、人が自身のお金を複数回コピーして支払に使用するのを防ぐにはどうすればよいか?ナカモトのソリューションは、公開鍵と秘密鍵の暗号化と呼ばれるよく知られた暗号化方式に基づいていました。 

ビットコイン(およびイーサリアムやその他の多くの暗号資産)は、公開鍵と秘密鍵の暗号化と呼ばれる技術を使用しています。これにより、暗号資産は「管理者による承認が不要」になり、銀行やPaypalのような「信頼できる仲介者」がなくても、見知らぬ人同士の安全な取引が可能になります。

公開鍵と秘密鍵の暗号化はどのような仕組みですか?

  • ビットコインのネットワークは、すべてのユーザーに秘密鍵(基本的には非常に強力なパスワード)を発行し、秘密鍵から暗号を使してそれにリンクする公開鍵を生成します。あなたは自由に公開鍵を人に与えることができます。 実際、誰かがあなたにビットコインを出庫するために必要な情報はこれだけです。ただしこれらの資産にアクセスするには、秘密鍵が必要です。 

  • ビットコインを革新的なものにしているのは、二重支出問題に対するソリューションです。つまり暗号化方式を使用して取引の信頼性を検証するピアツーピアネットワークです。

  • 公開鍵は「ハッシュ」と呼ばれる方法を使用して秘密鍵から生成されます。この方法は、一連のデータを取得し、アルゴリズムで処理します。このプロセスを逆転させるのは事実上不可能なため、公開鍵から秘密鍵を推測することは誰にもできません。

  • 公開鍵と秘密鍵はリンクしているため、ネットワークはあなたが保有するビットコインがあなたのものであることを認識します。そして秘密鍵を持っている限り、あなたのものであり続けます。 

  • 仲介者がいないことによるもう一つの影響は、ビットコイントランザクションが不可逆的なものであるということです (要するに、間違えた場合に連絡するクレジットカード会社がないということです)。ただし、これは一つの機能であり、バグではありません。つまり永続的なトランザクションは、二重支出問題に対するソリューションの重要部分です。

  • ソリューションの残りの半分はビットコインのブロックチェーンです。これは巨大な分散型台帳で(銀行の残高帳を想像してください)、すべてのトランザクションを記録し、ネットワーク内のすべてのコンピューターによって常に検証され、更新されます。

暗号資産取引を始めましょう

世界中で信頼される暗号資産のプラットフォーム Coinbase