Coinbaseのロゴ
ログイン

カルダノとは何ですか?

購入方法から仕組みまで、賢く取引するのに必要なあらゆる情報

カルダノトークンの上に置かれた虫眼鏡

定義

カルダノは時価総額が最も大きい暗号資産銘柄のうちの1つです。スマートコントラクトを実行するための柔軟性、持続性、拡張性に優れたブロックチェーンプラットフォームであることを目的としており、さまざまな分散型金融アプリ、暗号資産の新たなトークン、ゲームなどの開発がそれによって可能になります。

カルダノは時価総額が最も大きい暗号資産銘柄のうちの1つです。スマートコントラクトを実行するための柔軟性、持続性、拡張性に優れたブロックチェーンプラットフォームで、イーサリアムのコンセプトを次世代に進化させることを目的としており、さまざまな分散型金融アプリ、暗号資産の新たなトークン、ゲームなどの開発がそれによって可能になります。

しかし、開発者は2021年3月時点では、依然としてスマートコントラクト機能を本格展開していません。2021年第2四半期に予定しているアップグレードでスマートコントラクト機能が実装され、堅牢性、安全性、拡張性のほか、高いエネルギー効率を備えたブロックチェーンプラットフォームを開発者に提供するという自らの目標に、カルダノが一歩近づくことになります。 

イーサリアムブロックチェーンのネイティブ暗号資産がETHであるのと同様に、カルダノブロックチェーンのネイティブ暗号資産はADAであり、取引所で売買可能です。ADAは現在、(おそらく投資ポートフォリオの一部としての)価値の保存、支払いの送受信、カルダノネットワークでのステーキングや取引手数料の支払いに使用できます。

カルダノはどのように機能しますか?

カルダノの目標は、環境的に最も持続可能なブロックチェーンプラットフォームになることです。ビットコインやイーサリアムが現時点で採用しており、エネルギーを大量に消費するプルーフオブワーク(PoW)方式ではなく、プルーフオブステーク(PoS)方式の独自の合意形成メカニズムである「ウロボロス」を採用しています。(イーサリアムもETH2のアップグレードを通してPoS方式に移行しています。)

PoWとは何ですか? 暗号資産の分散型ネットワークでは、VisaやPayPalのような中央機関を介さずに、誰も同じ資産を2回費やしていないと確認する必要があります。そして、その確認のために「合意形成メカニズム」を採用します。暗号資産の当初の合意形成メカニズムがプルーフオブワーク(PoW)と呼ばれ、ビットコインのマイニングで最初に広く認知されました。 

  • PoWには膨大な処理能力が必要です。そうした処理能力を世界中のバーチャル「マイナー(採掘者)」が提供しており、彼らは時間がかかる数理パズルを他者に先駆けて解くべく競争しています。 

  • その勝者は、最新のトランザクション検証してブロックチェーンを更新でき、あらかじめ定められた金額の暗号資産を報酬として受け取ります。

PoSとは何ですか? PoSでは、競い合ってパズルを解くマイナーのネットワークではなく、そのプロジェクトに投資したバリデーター(検証者)と呼ばれる参加者のネットワークを利用します。バリデーターは、マイナーのように処理能力を提供してネットワークを保護したり、トランザクションを検証するのではなく、自身が保有するADAをステーキングします。

  • 各バリデーターがステーキングプールに保持するADAの数量やその保持期間に基づき、ネットワークが代表者を選び出します。まさに最も投資した参加者を報いる方式です。 

  • その代表者がトランザクションの最新ブロックを承認した後、他のバリデーターがそのブロックの正確性を検証できます。そうした証明(アテステーション)の数がしきい値に到達すると、ネットワークがブロックチェーンを更新します。 

  • 参加しているバリデーター全員がADAで報酬を受け取ります。報酬は各バリデーターのステーキング規模に応じてネットワークが分配します。 

  • バリデーターになることには大きな責任が伴いますが、関心がある参加者は、自身が保有するADAの一部を他のバリデーターが運営するステーキングプールに「委任」し、ADAの報酬を得ることも可能です。 

カルダノブロックチェーンはまた、「カルダノ決済レイヤー(CSL)」と「カルダノ計算レイヤー(CCL)」という2つの階層に分離されています。CSLは口座や残高の元帳がある(ほか、「ウロボロス」合意形成メカニズムがトランザクションを検証する)場所です。CCLは、カルダノブロックチェーン上で動作するアプリのあらゆる計算が、スマートコントラクトの操作を通して実行される場所です。

ブロックチェーンを2つの階層に分離するコンセプトは、カルダノネットワークが1秒間に100万件という大量のトランザクションを処理できるようにするためです。

カルダノのネイティブトークンは何ですか?

カルダノブロックチェーンは2021年3月1日にネイティブトークンの作成機能を導入しました。非代替性トークン(NFT)やUSDコインなどのステーブルコインを含めることが可能なイーサリアムベースのトークンのように、カルダノのネイティブトークンを作成してブロックチェーン上で配布できるほか、そのトークンにスマートコントラクトとやり取りさせることが可能です。

しかし、イーサリアムベースのトークンとは異なり、カルダノのネイティブトークンはスマートコントラクトを通して作成されません。代わりに、ネイティブ暗号資産のADAそのものと同じアーキテクチャーで動作します。非営利団体のカルダノ財団によれば、ネイティブトークンはこの特徴のおかげで、ブロックチェーン上の「一級市民」(ADAではなくそれぞれのトークンで手数料を支払えるなど、自由度が高いという意味)になります。また、カルダノのネイティブアーキテクチャーは、理論的にはこれらのトークンをより安全にするほか、トランザクションに関連する手数料を減らすことができます。

カルダノの沿革

カルダノは、イーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が2017年9月にローンチしました。その意図は、ビットコイン(第1世代)やイーサリアム(第2世代)が開発したテクノロジーの上に構築する、第3世代ブロックチェーン(ブロックチェーン3.0)のプロジェクトになることです。また、拡張性やエネルギー効率が高いスマートコントラクトプラットフォームになることを目標にしています。

「ウロボロス」合意形成メカニズムは、エディンバラ大学、東京大学、その他の機関から集めたコンピューター科学者や暗号研究者のチームが実施し、査読を受けた調査に基づいています。彼らの目標は、カルダノプラットフォームのエネルギー効率をできる限り高く保ちつつ、拡張性が高く安全な方法でトランザクションを検証できる分散型ネットワークを構築することでした。

ADAとは何ですか?

ADAはカルダノプラットフォームのネイティブ暗号資産です(「世界初のコンピュータープログラマー」と呼ばれることが多い19世紀の数学者、Ada Lovelace氏にちなんで名付けられました)。

ETHトークンがイーサリアムプラットフォームに燃料を供給するのと同様に、ADAトークンはカルダノプラットフォームに燃料を供給します。ネットワークのユーザーが取引手数料の支払いに使用するほか、報酬と引き換えにネットワークのセキュリティや安定性の維持に貢献したいと考えるバリデーター(やデレゲーター「委任者」)がステーキングに使用します。

ADAは将来的にはガバナンストークンとしても使用する予定であり、ADA保有者はカルダノプラットフォームの変更やアップグレードに関して投票できるようになります。

カルダノの次に来るのは何ですか?

カルダノプラットフォームは2021年第2四半期にスマートコントラクト機能を実装する予定です。また、開発者は、カルダノブロックチェーンが今年後半にイーサリアムベースのスマートコントラクトと互換性を持つようになると発表しました。この互換性により、このブロックチェーンはさまざまな既存アプリを実行できるようになる可能性があり、また、開発者は使い慣れた「ソリディティ」プログラミング言語でカルダノプロジェクトに取り組むことができます。

カルダノはさらに、コミュニティ主導のガバナンスのほか、このネットワークの将来に自動的に資金を供給する財務システムを導入し、それらを通して完全に分散化することを計画しています。

暗号資産取引を始めましょう

世界中で信頼される暗号資産のプラットフォーム Coinbase