Coinbaseのロゴ
ログイン

ビットコインとは?

安全なピアツーピア取引を示すために、手で持ち上げられているビットコインのロゴ。

世界で初めて広く採用された暗号資産ビットコインを使えば、人々はインターネット上でデジタルマネーをお互いに、安全かつ直接に送ることができます。

ビットコインは、2008年のホワイトペーパーでその技術の概要を説明したサトシ・ナカモトという匿名の個人またはチームによって作られました。そのコンセプトは実に魅力的でシンプルです:ビットコインはデジタルマネーで、インターネット上で安全なピアツーピア取引を可能にするというものです。

  • ビットコインはVenmoやPayPalとは異なり、送金の許可を得るための従来の金融システムや、既存のデビットカードやクレジットカードの口座に依存しません。ビットコインは分散化されているので、世界中のどこにいても、銀行、政府その他の機関が関与することなく、二者間でビットコインを送信し合うことができます。

  • ビットコインを含むすべてのトランザクションの追跡は、ブロックチェーン上で行うことができます。これは銀行の台帳または顧客資産の取引履歴に似ています。簡単に言えば、ビットコインを使用するすべてのトランザクションの記録です。

  • 銀行の台帳とは異なり、ビットコインのブロックチェーンは、ネットワーク全体に分散しています。特定の会社、国、またはサードパーティーが管理しているわけではなく、誰でもそのネットワークに参加できます。

  • ビットコインの発行上限は2100万ビットコインです。これは、決して膨らませたり操作したりできないデジタルマネーです。

  • もしお望みならば1ビットコイン全体ではなくわずかな一部を購入することもできます。

主要な質問

BTCとは何ですか?

BTCはビットコインの表記記号です。

ビットコインは暗号資産ですか?

はい、ビットコインは初めて広く採用された暗号資産で、言い換えるとデジタルマネーです。

ビットコインの簡単な定義はありますか?

ビットコインはデジタルマネーで、インターネット上でシームレスなピアツーピア取引を可能にします。

ビットコインの価格はいくらですか?

現在のビットコインの価格は、Coinbaseのウェブサイトでご確認ください。

ビットコインは投資機会を提供するものですか?

他の資産と同様に、BTCを安く買って高く売ることでお金を稼ぐ可能性もあれば、逆の状況でお金を失う可能性もあります。

ビットコインはいくらで始まりましたか?

1BTCは、2010年はじめには1セントの数分の1という価値しかありませんでした。2011年第1四半期に1ドルを超えました。2017年後半、その価値は急上昇し、2万ドル近くに達しました。こちらでビットコインの価格推移をご覧いただけます。

ビットコインはデジタルマネーで、インターネット上でシームレスなピアツーピア取引を可能にします

CoinbaseのCEO、ブライアン・アームストロングが「ビットコインとは何か?」をご説明いたします。初めてのビットコインの購入をわずか25ドルから始めましょう。

ビットコインの基本

ビットコインの誕生以来、数千の新しい暗号資産が登場しましたが、ビットコイン(略してBTC)は時価総額と取引量において、依然として最大です。

  • 目的に応じて、ビットコインは以下の役目を果たすことができます

- 投資手段として

- 金と同じように価値保存の手段として

- 世界中に送金する手段として

- 単に、新興テクノロジーを探求する手段として

  • ビットコインはインターネット生まれの通貨ですドルやユーロなど政府発行の通貨とは異なり、ビットコインは銀行や決済プロセッサなどの仲介者なしで、オンライン送信ができます。これらの仲介管理者を取り除くことで新しい可能性が生まれました。お金がさらに迅速かつ安価に全世界のインターネットを行き来し、個人が自身の資産を最大限に管理できる可能性です。

  • ビットコインの使用、保持、取引は合法で、旅行から慈善のための寄付まですべての用途に使用できます。MicrosoftやExpediaなどの企業が決済手段として受け入れています。

  • ビットコインはお金ですか?ビットコインは、交換手段、価値の保存、および価値の尺度として使用されており、これらはすべてお金の特性です。一方、それはコンピューター上にのみ存在し、物理的には存在しません。

ビットコインを作ったのは誰?

ビットコインの仕組みを理解するために、その成り立ちから見ていきましょう。ビットコインの生みの親は誰かという質問は興味をそそって止みません。なぜなら、このテクノロジーの誕生から10年を経て、ジャーナリストや暗号資産コミュニティのメンバーが絶えず調査をおこなってきたにもかかわらず、生みの親は匿名のままだからです。

  • ビットコインの背後にある原理は、2008年後半にオンラインで公開されたホワイトペーパーで初めて登場しました。発表したのはサトシ・ナカモトという名の個人またはグループです。

  • このホワイトペーパーは、暗号化とコンピューターサイエンスの分野を応用してデジタルマネーを生みだすための最初のアイデアではありませんでした—実はすでに存在していた概念に言及したものです。しかし、これはオンライン上の別々の主体の間で、どのようにして信頼を確立するかという課題へのユニークでエレガントなソリューションでした。人々は匿名で正体を隠しているかもしれず(ビットコインの生みの親のように)、物理的に地球の裏側にいるかもしれないからです。

  • ナカモトは互いに複雑に絡み合う一組の概念を考案しました:ビットコインの秘密鍵とブロックチェーン台帳です。もしあなたがビットコインを持つなら、これを秘密鍵で管理します。秘密鍵とは、購入資産を保管する仮想Vaultのロックを解除できる、無作為に選ばれた英数字の文字列のことです。すべての秘密鍵は、ブロックチェーンと呼ばれる仮想台帳上で追跡できます。

ビットコインの登場は、コンピューターサイエンスにおける画期的な進歩を意味しました。「二者間で価値を移転するために、いかにして、銀行など信頼できる仲介者なしでおこなうか」というインターネット上の商取引における根本的な問題を解決したからです。この問題の解決により、ビットコインの発明は予期しない結果をもたらしました:ビットコインは、インターネット用に設計された通貨として、銀行、クレジットカード会社、貸し手、さらには政府の関与さえなく、国境を越えて世界中の金融取引を可能にしています。二人の人間がどこに住んでいようとも、仲介管理者抜きで直接に支払額を送金できるようになれば、そこにより効率的で、より自由で、より革新的でオープンな金融システムの可能性が生まれてきます。これがビットコインの簡潔な説明です。

ビットコインはより効率的で、より自由で、より革新的でオープンな金融システムの可能性を生み出します。

ビットコインの仕組みについて

VisaなどのクレジットカードネットワークやPaypalなどの決済プロセッサとは異なり、ビットコインは個人や会社が所有するものではありません。ビットコインは、インターネット接続があれば誰でも参加できる世界初の完全にオープンな決済ネットワークです。ビットコインはインターネット上で使用するよう設計されており、取引は銀行や民間企業に依存することなく処理されます。

ビットコインの最重要要素の1つはブロックチェーンで、銀行が資産を追跡する方法と同じように、誰が何を所有しているかを追跡します。ビットコインのブロックチェーンが銀行の台帳と一線を画するのは、分散されているという点です。誰でもそれを見ることができ、特定の組織が管理するものではありません。

ビットコインの仕組みについて説明します:

  • 「マイニングリグ」として知られる専用コンピューターは、新しい取引を検証および記録するために必要な計算を実行します 。初期の頃は、標準的なデスクトップPCの能力でもマイニングには十分だったので、マイニングに挑戦したい人は誰でも参加できました。最近では、大規模で専用のコンピューターが必要になったため、多くの場合、企業またはリソースをプールする多数の個人が所有しています。(2009年1月にナカモトが最初のブロックをマイニングした時に比較して、2019年10月に1ビットコインをマイニングするには、12兆倍の計算能力が必要になりました。)

  • マイナーの集団としての計算能力は、増え続ける台帳の正確性を確保するために使われています。ビットコインはブロックチェーンと切り離すことはできません。新たに生成されるビットコインは、すべての既存コインから生じる取引と同様に、すべてブロックチェーン上に記録されます。

  • ネットワークは、マイナーをブロックチェーン維持に不可欠な絶え間ない作業—トランザクションの検証作業—に参加させるようどのように動機づけていますか?ビットコインのネットワークでは、世界中のすべてのマイニングリグが数学の問題を最初に解こうと競争するくじ引きが絶え間なく行われています。およそ10分ごとに勝者が決まり、勝者はビットコイン台帳に新しい正当な取引を記録し更新します。賞金は時間の経過とともに変化しますが、2020年始めには、このくじ引きの勝者全員に12.5ビットコインが授与されました。

  • 最初、ビットコインは厳密に言えば無価値でした。2019年末になると、ビットコインは約7,500ドルで取引されました。ビットコインの価値が上昇するにつれ、その分割の容易さ(1ビットコインのごく一部でも購入できる)が主な特性になりました。現在、1ビットコインは小数点以下8桁(1ビットコインの1億分の1)まで分割可能で、ビットコインのコミュニティでは、最小単位を「Satoshi」と呼んでいます。

  • ナカモトは、ビットコインの数量が2100万を超えないようにネットワークを設定し、その希少性を確保しました。現在、まだ約300万ビットコインがマイニング可能ですが、マイニングは次第に遅くなります。理論的には、最後のブロックがマイニングされるのは2140年になる予定です。

暗号資産と従来の通貨には、物を購入する方法や電子的に送金する方法など、いくつか共通の特質がありますが異なる部分もあり、興味をそそります。いくつかの特徴を紹介しましょう。

ビットコインは、インターネット接続があれば誰でも参加できる世界初の完全にオープンな決済ネットワークです。

主要な質問

ビットコインはどのような価値を持ちますか?

基本的に従来の通貨と同様–ビットコインは価値を保存するための実行可能で便利な方法であると証明されているため、商品やサービス、その他の資産と簡単に交換できます。希少性、安全性、ポータブル性(金などと比較して)があり、容易に分割できるのであらゆるサイズの取引が可能です。

ビットコインを手に入れるには

ビットコインを最も簡単に購入する方法は、Coinbaseなどのオンライン取引所で購入することです。Coinbaseでは、公開鍵と秘密鍵と呼ばれるものを使うことにより、自分でビットコインを保持する必要なく簡単に購入、売却、出庫、入庫や保管ができます。

CoinbaseのCEO、ブライアン・アームストロングがご一緒にビットコインを購入します

ただし、ビットコインを購入し保管するために、オンライン取引所以外を選択する場合、次のような手順になります。

  1. ビットコインのネットワークに参加する人すべてに、メールアドレスのような長い英数字の文字列からなる公開鍵と、パスワードに相当する秘密鍵が発行されます。

  2. ビットコインを購入または入出庫するには、公開鍵を取得します。公開鍵は、仮想Vaultのロックを解除して資産にアクセスするための鍵と考えてください。

  3. あなたの公開鍵を使うことにより、誰でもあなた宛にビットコインを送信できますが、いったん送信されると、「仮想Vault」内のビットコインにアクセスできるのは秘密鍵の所有者だけになります。

  4. ビットコインをオンラインとオフラインで保管する方法はたくさんあります。最も簡単なソリューションは仮想ウォレットです

  5. ビットコインを売却した後、ウォレットから銀行口座へ送金する場合、Coinbaseアプリを使えば、銀行から別の銀行へ資金を送金するくらい簡単です。従来の銀行送金やATMでの出金と同じように、Coinbaseなどの取引所では1日あたりの取引制限額を設定しているため、取引完了まで数日から1週間かかる場合があります。

ビットコインを最も簡単に購入する方法は、Coinbaseなどのオンライン取引所で購入することです。

主要な質問

ビットコインとブロックチェーンの違いは何ですか?

ビットコインのすべてのトランザクションと公開鍵は、ブロックチェーンと呼ばれる仮想台帳に記録されます。台帳とは、実質的にトランザクションの時系列リストです。この台帳は、ビットコインのネットワークに接続されているすべてのコンピューター間で完全にコピーされ、世界中の膨大な計算能力を使って常にチェックされ、安全性が確保されています。ブロックチェーンの概念は強力で順応性があることが判明しため、現在は暗号資産に関連しないさまざまなブロックチェーンがあり、サプライチェーン管理などに使用されています。「ビットコインのブロックチェーン」とは、特にビットコイントランザクションと秘密鍵を記録する仮想台帳のことです。

ビットコインをどう使うか

今をさかのぼること2013年に、ラズロ・ハニエツという名のビットコインファンが、フロリダ州ジャクソンビルにある彼の自宅にピザ2枚を配達してくれる人に、1万BTC(当時は約25ドル相当)を提供する、と掲示板に投稿しました。これに応えた別のビットコインファンが地元のパパ・ジョンズから購入した2枚のピザが、初めてビットコインを使って現実世界で購入に成功した商品、と伝えられています。ありがたいことに、最近ではビットコインは格段に使いやすくなりました!

  • 簡単です:BTCを使用する取引は、クレジットカードやデビットカードを使用する取引とそれほど変わりません。カード情報の入力を求められる代わりに、ウォレットアプリを使用して決済金額と売り手の公開鍵(メールアドレスに似ている)を入力するだけです。(スマートフォンやタブレットを使用して直接取引を行う場合、プロセスを簡素化するためによくQRコードが表示されることがあります。QRコードをスキャンすると、ウォレットアプリによって自動的に関連情報が入力されます。)

  • 非公開です:ビットコインで支払うメリットの1つは、提供する必要のある個人情報の量が制限されることです。あなたの名前と住所を共有するのは、出荷する必要のある物理的な商品を購入する場合だけです。

  • 柔軟性があります:ビットコインで何をするかは、あなたが何に関心があるかによります。いくつかのアイデアをご紹介します:

    • 取引所やビットコインATMでビットコインを売却し、現金化できます。

    • ビットコイン・デビットカードを使えば、他の通貨と同じようにオンラインまたは実店舗で使用できます。

    • 投資および貯蓄戦略の一環として、その一部またはすべてを持ち続けることができます。

    • あなたが大切に思っているものを選ぶこともできます。(調べてみてください)

    • もし、あなたが宇宙飛行の夢を持っていても、予算不足で実現できないならは?リチャード・ブランソン氏が所有するヴァージン・ギャラクティック社では、間近に迫った商業ベースの宇宙旅行で宇宙に飛び立つ代金として、BTCを喜んで受け入れます。

ビットコインのネットワークは暗号化するという特性を持つため、ビットコイン決済は基本的に、従来のデビットカードやクレジットカードを使う取引より安全です。

ビットコインはなぜ新種のお金といえるのですか?

ビットコインはグローバルです。地球のいたる所に送信できます。現実世界で現金で支払うのと同じくらい簡単です。週末にも利用でき、利用手数料もかかりません。勝手に制限を課されることもありません。

ビットコインは不可逆的です。ビットコインはある意味で現金に似ており、送信者がトランザクションを取り消すことができません。一方、クレジットカード、従来のオンライン決済システムや銀行取引は、決済がおこなわれた後も—場合によっては元の取引から数か月後でも—取り消すことができます。これは一元的な仲介者が取引を完了するためです。このため、マーチャントの不正取引リスクが高まり、クレジットカードの使用料金が高くなる原因になり得ます。

ビットコインは非公開です。ビットコインで決済する場合、銀行の取引明細書はありません。また不必要な個人情報をマーチャントに提供する必要もありません。ビットコイントランザクションには、関連するビットコインアドレスと金額以外の識別情報は含まれていません。

ビットコインは安全です。ビットコインのネットワークは暗号化するという特性を持つため、ビットコイン決済は基本的に、従来のデビットカードやクレジットカードを使う取引より安全です。ビットコインで決済する場合、機密情報をインターネット経由で送信する必要はありません。あなたの財務情報が不正アクセスを受けたり、個人情報が盗まれたりするリスクは非常に低いものです。

ビットコインはオープンです。ビットコインのネットワーク上のすべてのトランザクションは、例外なく公開されています。つまり、トランザクションを操作したり(非常にまれな51%攻撃の場合を除く)、ビットコインの供給量を変更したりする余地はありません。ビットコインの中核となるソフトウェアは無料でオープンソースのため、誰でもそのコードを確認できます。

ビットコインは安全です。誕生以来10年経ちましたが、ビットコインのネットワークはいまだかつてハッキングされたことがありません。また、システムは非許可型でオープンソースのため、数多くのコンピューター科学者や暗号作成者がネットワークやそのセキュリティのあらゆる側面を調査することができました。

ビットコインの由来は何ですか?

ビットコインは、大規模な分散型(「ピアツーピア」とも呼ばれる)コンピューターネットワークによって「マイニング」されます。このネットワークはブロックチェーンの正確性を常に検証し、確保しています。個々のビットコインのトランザクションはすべてその台帳に反映され、新しい情報は定期的に1つの「ブロック」に集約して、先に生成されたすべてのブロックに追加されます。

わずか数分でビットコインを購入

最低購入価格は$25から。銀行口座やデビットカードで支払えます。