Coinbaseのロゴ
ログイン

シードフレーズとは何ですか?

この12個から24個の単語で構成される文字列は、まさに暗号資産にとっての鍵です。シードフレーズの使い方と保護方法をご確認ください。

定義

シードフレーズは暗号資産ウォレットが生成するひと続きの単語であり、それによってそのウォレットに関連付けられた暗号資産にアクセスできるようになります。暗号資産にとって、パスワードマネージャーにあたるものがウォレットで、シードフレーズはマスターパスワードのようなものだとお考えください。シードフレーズがある限り、そのフレーズを生成したウォレットに関連付けられた暗号資産のすべてにアクセスできます。ウォレットを削除したり、紛失したりしてもアクセスは失われません。

暗号資産の基本原則のひとつに「自己主権(self-sovereignty)」という概念があります。身元を証明しなくても自分の暗号資産にアクセスでき、暗号資産を安全に保管するために銀行などの機関に頼る必要もありません。ビットコインイーサリアムなどの暗号資産が自己主権を実現するために使う技術がブロックチェーンです。ブロックチェーンは、世界中に広がるコンピューターのピアツーピアネットワークを使って暗号資産を保管し、保護します。 

ブロックチェーンは暗号資産の所有者をどのように認識するのですか?ブロックチェーンは、所有者だけがアクセスできるアルゴリズムで生成したパスワードのようなコードを使います。初めて暗号資産ウォレットを設定するとき、そのウォレットがCoinbase Walletなどのソフトウェアウォレットでも、ハードウェアウォレットでも、簡単な単語で構成される文字列を生成します。これがシードフレーズ(別名:リカバリーフレーズ)です。ウォレットはこのシードを使って、暗号資産を出庫したり、使用したりできるようにする秘密鍵を作成します。暗号資産にとって、パスワードマネージャーのようなものがウォレットで、シードフレーズはマスターパスワードだとお考えください。

シードフレーズが数字のパスワードではなく、ひと続きの12個から24個の簡単な単語(「army」「energy」「fabric」「lucky」「opera」「stereo」「trash」「void」など)なのは、人間にとって数字の長い文字列は覚えにくく、正確に書き写すことも難しいからです。長すぎるWi-Fiのパスワードを入力するのが、どのぐらい大変か想像してみてください。シードフレーズはウォレットのロックを、ウォレットの暗号資産すべてに関連付けられた秘密鍵のロックとともに解除します。

  • シードフレーズを知っているのは所有者だけなので、シードフレーズを記録しておくことが極めて重要です。

  • あなたのシードフレーズがあれば、誰でもあなたの暗号資産にアクセスできます。

  • シードフレーズを慎重に保存せずにウォレットを削除したり、紛失したりすると、ご自身の暗号資産にアクセスできなくなります。(例えば、Stefan Thomas氏は数億ドルの価値があるビットコインにアクセスできなくなりました。)

  • 暗号資産ウォレットの設定についての詳細をご確認ください

シードフレーズの仕組みとは?

暗号資産ウォレットを作成すると、シードフレーズが自動的に生成されます。シードフレーズは乱数の長い文字列を表すものです。ウォレットはシードフレーズを使って、暗号資産の出金や使用に必要な秘密鍵を生成します。 

  • シードフレーズが(乱数の長い文字列ではなく)単語形式でユーザーに提供されるのは、人間にとって連続した単語のほうが覚えやすく、やり取りしやすいからです。しかし、シードフレーズの保管を記憶に頼ってはいけません。シードフレーズのより適切な保管方法については、以下のシードフレーズの安全な保管方法のセクションをご確認ください。 

  • 各シードフレーズは2,048個の簡単の単語リストから選び出されます。シードフレーズの概念は、2013年のビットコイン改善提案39の後に広く採用されました。この提案では、現在のウォレットの主流である「決定性ウォレット」の標準を構築しました。「決定性ウォレット」は、1つのシードフレーズでそのウォレットが保持している秘密鍵をすべて管理します。 

  • この標準により、主要なウォレットの相互互換性も実現しています。 ウォレットを替えたい場合、新しいウォレットにシードフレーズを入力するだけで、元のウォレットにあった暗号資産が利用できるようになります。

  • ウォレットを紛失したり、削除したりしても、シードフレーズのみを使って、ウォレットを再作成することさえもできます。 

  • ハッカーやフィッシング攻撃、単純な紛失から、シードフレーズを安全に保護することは非常に重要です。 

シードフレーズを安全に保管するには?

シードフレーズの最適な保護方法には、数々の戦略があり、所持している暗号資産の量および所有者にとってのセキュリティと便利さの比重によって異なる傾向があります。

  • シードフレーズを保護するとても強力な方法のひとつは、複数の場所にある貸金庫にフレーズを分けて保管することです(いずれかの場所で何かが起こった場合に備えて、冗長性を確保してください)。言うまでもなく、これはあまり便利な方法ではありません。    

  • ステンレスのような耐久性のある素材にシードフレーズを彫刻する専門サービスを利用する人もいます。

  • 多くの人にとって、シードフレーズを書きとめ、コピーを複数の安全な場所に保管しておくというのが、堅実な方法です。 

  • シードフレーズは、オフラインの安全な場所にも保管してください。 シードフレーズは、オフラインの安全な場所にも保管してください。 

  • シードフレーズがあれば、暗号資産を保有していることになります。ハードウェアウォレットを失くしたり、ソフトウェアウォレットが入っている携帯電話が壊れたりしても、暗号資産を失ったわけではありません。別のウォレットにシードフレーズを入力するだけで暗号資産にアクセスできます。

シードフレーズを紛失してしまったら?

シードフレーズを書いた紙切れを間違って捨てたり、どの本に隠したかを忘れたり、相続人に伝えることなく所有者が亡くなったりした場合、所有する暗号資産にアクセスできなくなります。 誰かにシードフレーズを盗まれない限り、暗号資産はブロックチェーンに安全に保管され続けますが、所有者(または相続人)がその暗号資産にアクセスする手段はありません。ですから、シードフレーズを安全に保管してください。シードフレーズを紛失すると、ご自身の暗号資産にアクセスできなくなります。

自分でシードフレーズを管理したくない場合、他の選択肢はありますか?

もちろん、他にも選択肢はあります。Coinbase経由で暗号資産を購入する場合、実のところ、暗号資産をすぐに別のウォレットに移動する必要はありません(ずっと動かさなくても大丈夫です。あなた次第です)。代わりに、Coinbase口座に預けておくことも選択できます。その場合、Coinbaseは暗号資産を「ホスト型ウォレット」を介して自動的に保管します。

シードフレーズと秘密鍵の違いは何ですか?

秘密鍵はビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を出金したり、使用したりするためのものです。 シードフレーズで表される数字の長い文字列から、アルゴリズムによって導き出されます。 

シードフレーズによって、ウォレットとウォレット内の秘密鍵にアクセスできます。暗号資産ウォレットは、暗号資産のパスワードマネージャーのようなものだとお考えください。 マスターパスワード(シードフレーズ)さえあれば、関連付けられたすべての暗号資産にアクセスできるのです。