ETH価格:$1,633.77

0.38%(1D)

イーサリアムマージがいよいよ迫ってきました。

イーサリアムマージについて知っておくべきこと

Mergeとは?

マージのアップグレードでは、現在の「プルーフオブワーク(PoW)」合意形成メカニズムから「プルーフオブステーク(PoS)」システムへの移行が行われます。マージは、実際にはBellatrixとParisという2段階のプロセスでアップグレードされます。マージはBellatrixから公式に開始され、2022年9月6日11時34分47秒(UTC)に実行されました。Bellatrixは、コンセンサスレイヤーでのネットワークアップグレードです。Bellatrixの後に実行されるParisは、イーサリアムのプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)への移行が行われる実行レイヤーです。Parisは、Terminal Total Difficulty (TTD)(最終合計難易度)と呼ばれる固有のTotal Difficulty しきい値によってトリガーされます。このため、Parisの正確な日付はプルーフオブワーク(PoW)のハッシュレートに大きく依存することから、未定となっています。TTDはイーサリアムでマイニングされる最終ブロックに必要な合計難易度のしきい値です。言い換えると、TTDはプルーフオブステーク(PoS)に正式に引き継がれるまでにマイニング対象として残っているハッシュの固定値を表します。

マージの直後はどうなりますか?

マージが完了すると、すでに実行中のビーコンチェーンがプルーフオブステーク(PoS)による新規トランザクションの検証プロセスを引き継ぎ、イーサリアムの従来のプルーフオブワーク(PoW)モデルの使用が終了します。これまでに、バリデーターによってビーコンチェーンで1,300万ETH超がすでにステーキングされています。メインネット(イーサリアムブロックチェーンのメインネットワーク)がビーコンチェーンとマージされると、トランザクション、スマートコントラクト、および残高のすべてを含む、イーサリアムの2015年7月以降のトランザクション明細の履歴のすべてがマージされます。

マージが重要な理由は?

マージの作成には6年かかり、その潜在的可能性と哲学的な意味合いから、多くの人が暗号資産の歴史上画期的なものになると考えています。また、このマイルストーンは、インフレや金利の上昇などの要因で数ヵ月不安定だった市場も、マージによって信頼が高まり、楽観的な観測を誘引できる可能性があります。あるコメンテーターが述べたように、イーサリアムのマージは「分散型・自由参加型のネットワークがエネルギー効率に優れた方法で運用できることを証明するでしょう」。さらに、暗号資産の領域においてこのようなマージは極めてまれな出来事であり、二度と起こらないかもしれません。

マージがユーザーや保有しているETHに及ぼす影響は?

手短に言えば、特にありません。マージは、ユーザーの視点からはシームレスであることが期待されており、実際、シームレスに行うことが必要です。コインベースは予防措置として一部の暗号資産の送受信を一時停止します。具体的には、新しいイーサリアム(ETH)、ERC-20、ポリゴン(MATIC)、オプティミズム(OP)、PWETH、PUSDC、PMATICトークンですが、それ以外は他のネットワークや資産には影響がないと考えています。ただし、ETHをステーキングしている場合は、マージ後すぐに残高のロックが解除され、取引や譲渡ができるようになるわけではありません。ステーキングされたETHは、イーサリアムプロトコルのアップグレードが完了した後に、ロックが解除され、アクセス可能になる予定です。現時点で、このアップグレードの完了は2023年初頭を予定しています。今後の更新にご期待ください。

マージ予定日

2022年9月15日

イーサリアムマージのビジュアル(プルーフオブワークからプルーフオブステークへ)

ETHマージに関してよくあるご質問への回答

正式にゴールを迎えました。これまで、このアップグレードは、莫大な金額がリスクにさらされる可能性は言うに及ばず、その実施にかかわる技術的な複雑さにより一度ならず数回延期されてきました。しかし、マージはついに実行されます。

最終的な合計難易度(TTD)に近づいているため、マージの正確な日付はまだ不明です。現時点で、マージの正確な日時は誰にもわかりません。しかし、それでもマージをめぐる熱気は収まりません。ティム・ベイコ氏をはじめとするイーサリアム開発者らは当然のことながら強気で、Bellatrixのアップグレードの成功に沸き立っていました。Bellatrixのアップグレードが一段落したところで、マージの完了にはもう一つ超えるべきハードルがあります。このプロジェクトに携わる開発者は、先週の熱狂を認めながらも、マージがいかに重大な問題であるかを強調しました。

イーサリアムのプルーフオブステーク(PoS)への移行は、エネルギー消費量を99%削減すると予測されており、イーサリアムにとって自然な次のステップとして戦略的に理にかなっています。世界中でエネルギーコストの高騰が続くなか、この移行は待望されるだけでなく、歓迎すべき展開です。それでも、プルーフオブステーク(PoS)への移行に反対する意見もあります。プルーフオブステーク(PoS)には合理的な反論があります。すなわち、プルーフオブステーク(PoS)は少数のバリデーター間で富の集中が加速する可能性があり、実際に参入障壁を破ることが困難になるというものです。しかし、多くの人は、特にブロックチェーンのセキュリティと長期的なスケーラビリティに関して、最終的には長所が短所を上回ると考えています。賛成派は、今回のプルーフオブステーク(PoS)への移行により、イーサリアムが強化および分散化されると主張しています。ブテリン氏によると、イーサリアムのアップグレードは、マイニングと同じ資本や技術力がなくても、誰でもイーサリアムのバリデーターを立ち上げられるようにすることを目的としています。その分散化はイーサリアムのベースレイヤーにとって極めて重要であり、ブロックチェーンの寿命と未来を守るために大きな役割を果たすと考えられます。今回の移行が成功すれば、少なくともあるコメンテーターの言葉どおり、イーサリアムの利用を促し、将来的にそのユースケースを拡大することも可能です。

マージが実行されると、既存のCoinbaseユーザーにはどのような影響がありますか?

集中型取引商品全体の取引に影響はないと予想しています。マージなどの大型イベントが進行している間は、ユーザー全員が詐欺に対して十分に注意してください。移行期間中、Coinbaseの資産は安全に保護され、ETHを「アップグレード」するためのユーザーのアクションは必要ありません。

マージが完了すると、ステーキングされたETH(ETH2)の残高がイーサリアム(ETH)ウォレットに表示されます。なお、ETH2トークンはなくなります。ETH2は、Coinbaseのティッカーであり、ステーキングされたETHを示すため、マージ後は使用されなくなります。マージによるCoinbaseユーザーに対する影響について、詳しくはブログ記事をご覧ください。マージまでの期間とマージ後の予定が掲載されています。

マージに向けて何か準備することはありますか?

手短に言えば、準備すべきことは特にありません。マージの開始からその期間中、ETHのユーザーおよび保有者として資産やウォレットを保護するためにとるべき措置はありません。

マージがイーサリアムの価格に及ぼす影響は?

現時点では、誰にもわかりません。トレーダーには、価格が高騰するとの見方もあれば、その逆になるとの見方もあり、両方向に動く可能性があると推測しています。はっきりしているのは、デフレ金融政策とブロックチェーン上の開発者活動の増加の可能性を考慮しても、マージ後のETHの市場展望が分からないということです。ETHの発行量は90%減少すると予想されており、焼却やネットワーク活動を考慮すると、トークンの総供給量は減少する可能性があります。しかし、こうした事実がイーサリアムの価格にどの程度織り込まれているか、あるいはすでに織り込まれているかどうかは不明です。さらに、既存のマイナーがイーサリアムのメインネットからプルーフオブワーク(PoW)チェーンをフォークした場合、事態は複雑化する可能性があります。

Coinbase Institutional Researchは、ブロックチェーンにとって重要な分岐点であるイーサリアムの強気のケースと弱気のケースの両方を調査しました。

保有しているイーサリアムをステーキングするには?

Coinbaseを使用してイーサリアムをステーキングできます。CoinbaseはETHをステーキングして報酬を獲得する機能を提供しています。Coinbaseでのステーキングではステーキングに必要なETHに下限を設定していません。ETHをステーキングすると、ETH2に変換されます。現在、ETHを100米ドル以上ステーキングした米国のお客様は、ステーキングしたETHすべてに対する4.07%の年利に加え、10%のボーナス(最大30米ドル)を獲得できます(利用規約が適用され、最初のステーキングのみが対象です。ニューヨーク州とハワイ州では無効となります)。

ETH2の価格はETHと同じです。イーサリアムネットワークへのアップグレードが完了すると、ETHとETH2の両方が1つのトークンにマージされます。Coinbaseアカウントに口座を開設すると、イーサリアムにステーキングしたときに最大4.07%の年利を獲得できます。取り扱い銘柄やステーキング状況は場所によって異なります。

ETHは自動的にETH2になりますか?また、イーサリアム2.0は新しいコインとして生まれ変わるのですか?

実行レイヤーとコンセンサスレイヤーの名称がそれぞれ変更されているため、マージが完了するとETH1とETH2の区別がなくなります。

その代わりとして、今後は1つのイーサリアムにまとめられることになります。イーサリアム2.0が新しいコインや独自の資産であるというのは、認識として間違っています。お客様が保有されているETHはこれまでと同じようにお使いいただけます。マージの影響を受けることはありません。

マージによりガス代は削減されますか?

マージはキャパシティの増加や拡張を図るといったものではなく、合意形成メカニズム(イーサリアムがトランザクションを検証するための手段)の変更に関するアップグレードであるため、短期的にはガス代の削減は見込めません。

つまるところ、マージによってPoWが廃止され、ブロックチェーンはPoSへと移行することになりますが、このプロセスはブロックチェーンのキャパシティに影響を与えないと予想されます。ガス代はネットワークキャパシティに対する需要により発生するものであり、ブロックチェーンによるトランザクションの検証手段ではないため、マージがガス代に直接影響を与えることはないでしょう。

マージが完了すると、他にはどのようなアップグレードが実施されますか?

マージに次ぐ他のアップデートもまだ続々と控えています。呼称は韻を踏んでおり、サージ、ヴァージ、パージ、スプラージが予定されています。サージには、ステーキングしたETHの送信が可能になる「上海」アップグレードや、大量のデータ処理や対応の負担をネットワーク全体に分散させ、スケーラビリティの向上を図る「シャーディング」などが含まれる予定です。ヴァージでは、ユーザーは大量のデータを保存する必要なくネットワークバリデーターになることができ、さらなる分散化に向けて大きな一歩となります。パージは、古いネットワーク履歴の削除を目的としており、スプラージではこれまでのステップの微調整を行います。

マージは、イーサリアムブロックチェーンの大きなマイルストーンではありますが、これだけが記念碑的なイベントになることはないでしょう。他にも数々のアップグレードが予定されており、ETHマージ後もイベントは続きます。

マージによってスケーラビリティはどう対応していくのですか?

マージに先立ち練られていた、シャーディングを通じてのスケーラビリティに対応する当初の計画がレイヤー2スケーリングソリューションのブームに押し流されたため、シャーディングが実装されるのは2023年頃となっています。

シャーディングを行うことで、データベースを水平方向に分割し、負荷を分散させることが可能となります。つまり、データ処理にかかる多大な負担をネットワーク全体に分散させることができるのです。これにより、混雑の緩和とトランザクション時間の短縮が期待されます。

イーサリアムがプルーフオブステークに移行する理由は?

イーサリアムがプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)へと移行することで、ブロックチェーンの安全性が高まるほか、エネルギー消費が抑制されます。また、ハードウェア要件が緩和されるため参入障壁が下がり、スケーラビリティの向上にもつながります。

プルーフオブワーク(PoW)とプルーフオブステーク(PoS)は何が違うのですか?

プルーフオブワーク(PoW)は分散型のネットワーク全体のコンピューターを使用してトランザクションを確認しますが、プルーフオブステーク(PoS)は独自のトークンを提供するバリデーター(このケースではETH)を信頼します。このトークンは最新の確認済みトランザクションでブロックチェーンを更新し、新たに発行されたトークンを獲得する際に取引所で担保として機能します。

プルーフオブワーク(PoW)とプルーフオブステーク(PoS)について詳しく知りたい場合は、このトピックやその他の暗号資産の基本について、Coinbase Learnをチェックしてみましょう。

ステーキング

ETH

獲得

報酬

過去24時間のソーシャルメディアでのイーサリアムの状況

2023年1月19日にTwitter(ツイッター)やReddit(レディット)にアップされたソーシャルメディア投稿1,661,516件のうち、200,863件がEthereumに言及しました。 これは、昨日のソーシャルボリュームと比較して8.5%減少しています。 さらに、11,336人がEthereumについて発言しており、集計した投稿のなかで最も言及され、最も値動きが活発だった暗号資産の第2位にこの銘柄がランクインしました。過去24時間のすべてのソーシャルメディアプラットフォームにおけるEthereumの平均センチメントは、5点満点中3.2です。 Ethereumについてのニュース記事は10件公開されており、Ethereumの報道価値は高まりつつあります。 これは、昨日のニュース量と比較して4.76%増加しています。

Twitterでは、Ethereumに対する中立な見方が多くみられます。 Ethereumに対して、強気な見方をするツイートが30.86%%あったのに対し、弱気な見方をするツイートは10.63%%でした。Ethereumに対して、中立な見方をするツイートは58.51%%ありました。これらは9562件のツイートに基づいたセンチメントです。

Redditでは、11件の記事がEthereumについて言及しています。Ethereumについてのコメントは47件ありました。 平均すると、Redditの記事では、反対に比べ賛成が多く、コメントでも反対に比べ賛成が多い結果となりました。

11,336名

TwitterやRedditでイーサリアムについて投稿した人々

200,863件

すべてのソーシャルコレクションを分析したイーサリアムへの言及件数

11.13%

市場と比較したイーサリアムに関するソーシャルメディア投稿の率

イーサリアムとMergeについて確認する

The Ethereum Merge has begun

Ethereum's upgrade was activated this week via the Belaltrix upgrade. And we're breaking down all the week's headlines, answering your top your Ethereum Merge questions and made a reading guide for you to learn more about The Merge.

リサーチインサイト:マージで注目すべきポイント

マージに関連する注意すべき約定リスクについて解説します。加えて、前回BTCが半減サイクルに突入した際の値動きを検証し、今後起こりうることのインサイトを探ります。

分散化・プライバシーに特化した信頼できる中立的なイーサリアム

以下の投稿は、Coinbaseのポッドキャスト『Around The Block』のエピソードをまとめたもので、司会のヴィクター・ブーニン(Viktor Bunin)がCoinbase CEOのブライアン・アームストロングとイーサリアム共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏を交え、分散化・プライバシーに特化した信頼できる中立的なイーサリアムについての議論を交わしています。

イーサリアムマージ:変曲点における投資

マージに先立ち、ETHの弱気と強気の両ケースを検証していくとともに、このアップグレードがネットワークとユーザーにとって何を意味するのか、それにまつわる誤解のいくつかを取り上げます。

イーサリアムのマージが近づく:今知っておくべきこと

イーサリアムは、2022年9月15日ごろにプルーフオブステーク((PoS)に移行すると予想され、これによりより安全でエネルギー消費が少なく、新たなスケーリングソリューションの実装への適合化が実現されます。

ETH2マージアップデート - 特別版

今回は、ETH2アップデートを特別版でお届けします。ここでは、マージによって何が起きて、何が起こらないのか、マージに備えて何が必要なのか、マージ後のリワードの変更点は何かといった疑問について取り上げます。その他、メインネットにおけるDAG(有向非巡回グラフ)サイズの拡大に関する懸念や、マージ後に控えているアップグレードの詳細について更新しています。

今後予定されている5つのイーサリアム・アップグレード

イーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏は、マージに続き、「サージ」「バージ」「パージ」「スプラージ」と呼ばれる韻を踏んだアップグレードがイーサリアムで行われる予定だと述べています。

イーサリアムの「マージ」ラリーの解説

不快なニュース見出しが数週間続いていた暗号資産市場でしたが、新たな週の始まりにいくらか安堵できるニュースです。先週金曜日、イーサリアム開発者は、長く待たれていたブロックチェーンの「マージ」アップグレードについて更新された9月のタイムラインに合意しました。

マージとイーサリアムの倫理とは?

イーサリアムがプルーフオブステーク(PoS)に移行することで、プルーフオブワーク(PoW)と比較してエネルギー消費が99.95%削減されると予測されています。この進化は、世界中でエネルギーコストが高騰しているときに歓迎すべき展開の一つだといえます。

イーサリアムの沿革

2013年

コンピュータープログラマーのヴィタリック・ブテリン氏(19)がホワイトペーパーを発表し、事実上どのような種類の取引やトランザクションでもサポートできる、極めて柔軟なブロックチェーンを提唱。

2014年

ブテリン氏とギャビン・ウッド氏が、イーサリアム共同創設者チームとともに、クラウドファンディングでイーサリアムプロトコルの開発資金を調達し、1,800万ドル相当のローンチ前トークンを販売。

2015年

7月、イーサリアムブロックチェーン初のパブリックバージョンがローンチされる。同月、イーサリアムブロックチェーン上でスマートコントラクト機能のロールアウトが開始。

2016年

ハッキングによりDAO(Decentralized Autonomous Organization[分散型自律組織]の略)から約5,000万ドルが盗み出される。これを受け、コミュニティは損失額を補填するためにプロトコルの修正案を票決、ハードフォークと2つのブロックチェーンブランチ(イーサリアムとイーサリアムクラシック)が構築される。

2017年

ERC20規格が策定、イーサリアムブロックチェーン上における資産の作成方法が定義される。CryptoKittiesがイーサリアムベースのアプリとして初めて広く普及する。メイカーダオ(MakerDAO)がローンチされる。メイカーはまた、ETHをベースとした初のステーブルコインであるDAIもローンチ。

2018年

貸付プロトコル「コンパウンド」と分散型取引所「ユニスワップ」の登場により、DeFiの成長に拍車がかかる。CoinbaseとCircleのパートナーシップであるCENTREコンソーシアムのサポートを受け、USDCステーブルコインがローンチ、初年度から10億ドル相当のコインを発行。

2020年

12月、イーサリアム2.0のアップグレードを開始。イーサリアム1.0から2.0への移行にかかる期間は約2年を予定。イーサリアム2.0における第1フェーズの取組みとしてプルーフオブステーク(PoS)が導入される。イーサリアム1.0では引き続きプルーフオブワーク(PoW)を合意形成メカニズムとして使用。

2021年

「ベルリン」「ロンドン」「アルタイル」など、複数のアップグレードが実装される。「ベルリン」アップグレードではガスコストの最適化に加え、サポートするトランザクションの種類を拡充。「ロンドン」アップグレードでは取引手数料の相場が見直されたほか、ガス代の払い戻しが削減。「アルタイル」アップグレードは、ビーコンチェーンの改善を目的として実装される。